Home > 学会・論文

学会・論文 Archive

11月学会の抄録入稿をおこないました

7th Annual Symposium of Regenerative Medicine and Stem Cell 2014へ、
発表内容についての確認及び抄録入稿をおこないました。

私の持ち時間は25分+質問時間5分となります。
脂肪幹細胞を用いた若返りとそのタンパクを用いた毛髪再生、この二つを合わせた臨床発表になります。
学会スケジュール

同時に来年韓国でおこなわれる第8回の発表依頼もまいりました。

ソウルの峨山病院ツアー

大学病院を除くと韓国では一番大きい、ソウルの峨山病院(現代財閥)へ行ってまいりました。

そこでは様々な企業及び大学とタイアップしている研究施設(研究所)があり、一角にウルソン大学の研究施設もあります。
本日はその研究室へお邪魔して脂肪幹細胞の研究を見学させていただきました。
注目できるのは、研究室内には無菌室が置かれており、その中で研究所長を筆頭として、6人のスタッフが研究していたことです。

やはり、正確な研究をするには細胞の状態を良い状況下に置き、実験をおこなわなければならないと痛感しました。
細胞治療をより安全にするためには、無菌室が今後必要な設備となってくるのでしょう。

Cell Parkクリニック朴院長、バイロンクリニックの李先生との討議

本日は2人の先生と討議を行いました。

Cell Parkクリニックの朴院長とは、招待講演での論文発表の打ち合わせ及び、今後の再生医療の方向性について討議しました。
更には、ステムセルリサーチ Stem Cell Research and Therapy への論文内容について話し合い、
執筆方向についても協議調整しました。

その後、バイロンクリニックの李先生と会談し、脂肪由来幹細胞を用いた治療法の新たな考え方やその可能性について多く話し合いを行いました。
この折、李先生から我々の文部科学省の基盤Cの研究内容について質問がありました。

先生がおこなった研究の結果とこれから我々がおこなう研究結果を複合的に合わせて、新たな治療法ができるのではないかと二人で確信しました。

東アジア皮膚科学会の招聘(しょうへい)講演

9月24日~26日、済州島にておこなわれる東アジア皮膚科学会(Eastern Asia Dermatology Congress 2014 in Jeju, Korea)の招聘(しょうへい)講演の抄録を提出しました。

この学会は日本・中国・韓国を主要国としておこなわれます。
学会には日本の皮膚科の先生方も多く参加しますので、今回の講演を引き受けることは非常に名誉なことだと感じます。
これを全うするために入念に準備していきたいと思います。

学会について詳しくはこちら(英語のサイトです)
東アジア皮膚科学会

毛髪再生について様々な副治療が紹介されています

再び論文を読んだ方から論文及び治療の質問がまいりました。
特に、海外の患者さんをもつ医師から非常に興味をもたれている治療内容だと思います。

今日はビックサイトで日本美容外科学会が開催されました。

ランチョンセミナーでは毛髪再生について様々な副治療が紹介されました。
例えば光によるものや、超音波によるもの、服薬によるものなどです。
様々な方法を合わせて良い治療をおこなうという考えがおおもとにあるのです。

私たちとしては、毛髪本数の増加率は、やはりハーゲノン治療が効果的であるという再認識に至りました。

診療と研究の両立

Aesthetic Plastic Surgeryの編集長から、査読した全レビューアーからのコメント及び査読結果について連絡がありました。
残念ながら結果はリジェクトでしたが世界中から様々な報告がなされていると実感しました。

また、”Current Tissue Engineering ”から論文執筆依頼がきました。

世界中の様々な雑誌社及び編集部から依頼を受けています。
これも今までにしてきた研究及びその内容が評価されたということに違いありません。
今後も良い結果に繋がるよう診療と研究の両立をはかりたいと思います。

論文執筆の依頼がきました

ステムセルインターナショナル、Stem Cell International “MSCs: Scientific Support for Multiple Therapies” から論文執筆の依頼がきました。

複数のジャーナルから論文依頼がありますので、すべてをこなすことができず歯がゆいです。

しかしながら、クリニックを訪れてくれる患者さん方への診療及び治療が一番重要と考えますので、
現場での診療が疎かにならないよう、さらに努力していきたいと思います。

ハーグ療法の論文別刷を送付しました

Aesthetic Plastic Surgeryの査読結果を編集部に送付しました。

今回の査読内容はフラップを回した手術の方法及び結果についてです。
同僚の先生方の意見も伺いながらまとめて提出いたしました。

ハーグの行っている施設やこれから興味をもっている先生方に、
ハーグ療法の治療の考え方及び技術的な方法について十分な理解を深めていただくようにするため、
今まで書いてきた論文の別刷り各500部を研究会事務局に送付しました。

与えられた研究を精一杯こなしていきます

WORLD ACADEMY OF COSMETIC SURGERY AND DERMATOLOGYからの協力依頼がありました。

今回はハーゲノン療法の臨床研究及び文部科学省基盤Cの研究もありますので、
講演及び学会役員になることは難しいです。
与えられた研究を精一杯こなしていきたいです。

Aesthetic Plastic Surgeryからの査読依頼、加えてAdvances in Stem Cell Journal (ASC) からの投稿依頼がきました。
すでに別の論文の執筆依頼も受けておりますので、今回この雑誌の執筆依頼を残念ながらお断りすることにしました。

米国での講演依頼

「3rd International Conference and Exhibition on Cosmetology &Trichology」からの講演依頼がありました。

研究と診療の忙しい中海外に赴き、日本人として恥じないよう研究結果及び治療状況を証明して来なければならず、その準備も多岐に渡ります。

通常20分~40分の講演を1、2本は行わなければならず、往復の旅行時間はもとより準備にも時間がかかります。

すべての講演依頼を受けていますと次世代のハーゲノン療法及び、それにまつわる臨床研究、一番は患者さんの治療が十分にできなくなることが懸念されます。

ホーム > 学会・論文

院長が教えるやさしい薄毛入門 診察 女性のためのHARG よくある質問 院内紹介 開発者インタビュー Dr.福岡のHARG療法開発日記

Return to page top