毛髪本数の自動解析ソフトを開発しているFotoFinder社を訪れました


ドイツ、Passauパッソウに着きました。
フランクフルトから電車で5時間かけ、毛髪本数の自動解析ソフトを開発しているFotoFinder社を訪れました。

営業部長のRoland Proske氏や開発担当部長のTobias Fuchs氏、また副社長のAndreas Mayer氏と約2時間にわたって我々の研究に求められる解析方法について理解と開発に関する依頼を行いました。

帰りにパッソウ市内のホテルまで開発担当部長が車で送ってくれました。
その折一緒に研修に来ていた学生さんが同乗しました。彼はプログラムの開発を行う職場に就職したいと言っていました。
ドイツの専門学校では3年生の後期は職業訓練が本当の会社の中で約半年間行われるとも聞きました。

日本で学生さんに職場訓練があるのは学校の先生(教員免許)?くらいのものでしょうか。
会社側も彼のバイト費用を負担して下宿できるようにしています。その会社に勤めることもあれば別の会社勤めることもあるとのことです。

これによれば日本で問題になっている“就職したけどやっぱりあわなかったから会社辞めた”“辞めたけどやりたいことがわからないから就職しない”といった問題が起きにくくなっているのではないかと痛感しました。