エンドプロテーゼの挿入と摘出について教授にアドバイス


当院で行っているエンドプロテーゼの除去についてE教授より質問を受けました。

エンドプロテーゼは、ダウンタイムが少なく挿入できますが、その術者によって摘出の難易度が変わってまいります。

なぜかと申しますと、きちっとした層に適量が挿入されていれば容易に摘出できるのですが、層がまちまちであったり、プロテーゼが分断されていたりすると、その摘出の難易度があがります。
逆に言うと、挿入する術者が上手であれば、その摘出も容易になるということです。

E教授には、摘出についてのアドバイスをお話しいたしました。