Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

AGAの原因は男性ホルモンとのことですが、筋トレすると男性ホルモンのテストステロンが増えると聞きました。ということは筋肉を鍛えるとAGAになりやすいということでしょうか?

テストステロンは筋肉や骨格を作るため、筋トレをすると脳がより多くのテストステロンを生成するよう働きかけます。


ただ、AGA(男性型脱毛症)はテストステロンそのものではなく、テストステロンが変化した強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の影響で引き起こされるため、AGAになりやすいかどうかはテストステロンをDHTに変換する酵素5α‐リダクターゼの量やDHTの感受性(=反応しやすい傾向)に左右されます。


つまり、いくらテストステロンが増えたとしても、5α‐リダクターゼが少ない人やDHTの感受性が低い人はAGAにはなりにくいのです。


もともとAGAの人にとっては、筋トレでテストステロンが増えることで症状が進行する可能性はあります。
とはいえ、筋トレで増えるテストステロンは筋肉を作るという目的で増産されたものであり、多くはその目的を果たすために使われるものと思われます。
テストステロンが減少すると、かえってそれを補うためにDHTに変換されるという説もあるため、AGAを恐れて筋トレを控えるのは逆効果となる可能性もあります。


AGAガイドはこちらから

メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00