AGAの原因

AGAの原因

男性ホルモンが影響し、細く短い髪に

薄毛=AGAではありません。
強いストレスや、生活習慣の乱れから、一時的に抜け毛が増えているだけの方も多く、効果的に改善するには、薄毛の原因を精査した上で、もっとも適切な治療・対策を選択する必要があります

ここでは、日本人男性の約30%が当てはまるとされるAGAのほか、薄毛を引き起こしてしまう様々な原因について、詳しく説明していきます。

AGAは遺伝する?

AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、男性ホルモンおよび遺伝です。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」と、毛髪や皮脂腺に存在する酵素「5α-リダクターゼ」が結びつくと、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というホルモンが生成されます。

このDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合することで、「TGF-β」という脱毛因子を生み出し、髪の成長および生え変わりを妨げるのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)の生成

テストステロン自体は誰もが持つ男性ホルモンで、その量に大きな違いはありません。

しかし、DHTの感受性や、5α-リダクターゼの量は、遺伝によって個人差があり、多いほど、AGAを発症・重症化しやすい体質といえます。

しかしながら、AGAは体質ばかりでなく、さまざまな要因が絡み合って発症するので、遺伝的要素が強いからといって、必ずしもAGAを発症するわけではありません。

遺伝するのはあくまで体質で、AGA自体が継承されるわけではないのです。

側頭部・後頭部の1型と前頭部の2型

5α-リダクターゼには、2つのタイプがあります

1型は、皮脂腺に多く存在し、毛髪やひげ、わき毛など体毛にまんべんなくみられます。
対して2型は、毛乳頭に存在し、毛髪の前頭部とひげに集中しています。

つまり頭髪において、側頭部や後頭部には1型だけ、前頭部には1型・2型が混在しているということです。

最新の研究では、
「2型が欠損している男性にはAGAがみられない」
「2型がDHTの60〜70%を発生させている(1型は30〜40%)」
という結果も出ており、2型こそAGAに大きく関係することが分かってきました。

DHTを発生させないためには、1型・2型のどちらも抑制する必要がありますが、より影響の大きい2型の抑制は、特に重要です。

毛周期の短縮と毛包のミニチュア化

体毛は、毛周期によって成長と脱毛を繰り返しています。

毛周期には、細胞分裂を繰り返し、毛髪が育つ「成長期」、成長が止まる「退行期」、次の成長期に向けて抜け落ちる段階の「休止期」があり、毛髪もこれにそって、1日平均50〜100本程度は自然に抜け、生え変わっているのです。

AGA発症後の毛周期

しかし、AGAを発症すると、通常2~6年ある「成長期」が短くなり、抜けていく本数に対して、新しい毛髪の成長が追いつかなくなります。

この、成長期の短縮によって毛髪が成長しきれなくなった状態を、毛包のミニチュア化といいます。

毛包がミニチュア化すると、髪質も、弱くコシのないものに変化します。

細く短いまま毛包内にとどまり、頭皮上まで到達できない毛髪が増えることで、薄毛が目立つようになってしまうのです。

DHT増加で毛髪が軟毛化

このように、AGA(男性型脱毛症)は、
「男性ホルモンの影響によって、前頭部・頭頂部の毛包がミニチュア化し、軟毛化する」ことで発症します。

脱毛症といっても、発毛機能が完全に停止しているわけではなく、弱まっているだけなので、「脱毛を防ぎ、発毛を促進する」治療を適切に行えば、改善していくことは十分に可能です。

日々の生活に潜むAGAの悪性因子

毛髪は血中から栄養分を取り込んで形成されていきます。
そのため、頭皮の血行不良は、発毛・育毛に大きな影響を及ぼします
日々の生活の中にも、AGAに悪影響を及ぼす因子は多く潜んでいますので、生活習慣の見直しも、AGAを改善するためには非常に重要です。

  • ストレス

ストレスとAGAの科学的因果関係は証明されていませんが、過度のストレスは自律神経のバランスを乱し、身体の血流を悪くします。
結果、必要な栄養が毛髪に行き届かなくなるなど、毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

AGA改善に限らず、ストレスはできるだけ抱え込まないように注意したいものです。

  • 喫煙

喫煙は血行不良のほか、身体にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。

近年では、喫煙によってDHTなどの男性ホルモンが増大するという研究結果も出ておりますので、AGAを治療するにあたっては、できるだけ控えた方がいいでしょう。

  • 食事・生活習慣

ストレス同様、日々の食事や生活習慣も身体に大きな影響を与えます。

栄養の偏りや、睡眠不足で代謝機能が低下すると、頭皮にも悪影響を及ぼしますので、日々十分な睡眠と、栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

発毛・育毛に良い食べ物について

進行するAGA(男性型脱毛症)を改善するために

AGA(男性型脱毛症)は、進行性の脱毛症です。

放置すればどんどん悪化し、ある程度まで進行してしまうと、薄毛治療専門クリニックでも、症状の改善が見込めなくなってしまいます。

市販の育毛剤や薬剤治療では、発毛促進のみ、育毛のみなど、限られた効果しか得られず、ケアしているのに、薄毛の進行がおさまっていないという事態になりかねません。

薄毛を改善するには、まず、一人ひとり違う薄毛の原因を的確に見極める必要があるのです。

薄毛が気になり始めたら、まずは、専門医師の診断を受けてみることをお勧めします。

HARG(ハーグ)療法は、脱毛の抑制から、健康的な頭髪の発毛促進、発毛後の育毛まで、複合的にアプローチできる「毛髪再生医療」です。

AGAの進行抑制・改善に、性別や年齢を問わず、優れた効果を発揮します。

メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00