女性ページMV

【専門医推奨】女性の薄毛治療ガイド
原因からセルフケアまで徹底解説

  • 最近髪のボリュームが減ってきた..
  • なぜかヘアスタイルがきまらない..
  • ブラッシング時の抜け毛が気になる
  • 副作用が気になる...
  • 髪全体のボリュームは少なくなってきた方

薄毛の症状や治療方法によって、効果には大きな差が出ます。
専門医のアドバイスをもとに、効果的な治療法とセルフケアのポイントを詳しくご紹介します。実際の成功事例も豊富に掲載しています。

目次

女性の薄毛治療法の選び方

内服薬:パントガール

パントガールは、薄毛や脱毛の改善、毛髪の質向上を目的としたビタミンB群やアミノ酸を含む女性向けの栄養補助食品です。

メリット・デメリット

メリット

  • 髪が強く、艶やかになり、全体的な毛髪の健康が向上
  • 必須栄養素が豊富に含まれており、髪の成長をサポート
  • 栄養補助食品としての位置付けであり、副作用が比較的少ない

デメリット

  • 効果を維持するためには、長期間の使用が必要
  • 他のサプリメントと比較して価格が高めな場合が多い
  • 即効性がないため、効果を実感するまでに数ヶ月かかる

パントガールは、薄毛や脱毛に悩む女性にとって有用なサプリメントですが、効果を実感するまでには時間がかかることがあり、個人差も大きいです。
また、継続的に使用するためにはコストがかかる点にも留意が必要です。

こんな症状の方へおすすめ

  • 女性型脱毛症
  • 分娩後脱毛症

外用薬:ミノキシジル

ミノキシジル(外用薬)は女性の薄毛治療に効果的な薬物の一つです。正しい使い方や効果を最大化する方法について詳しく解説します。

メリット・デメリット

メリット

  • 髪の成長サイクルを延長し、発毛を促進する
  • 薄毛や抜け毛の改善に効果がある
  • 1回あたりの料金安いので取り組みやすい

デメリット

  • 使用を中止すると元の状態に戻る可能性がある
  • 長期間使用する為、コストがかかる
  • 副作用のリスク:頭皮のかゆみや炎症など

ミノキシジルはもともと高血圧に対する降圧薬として開発された薬剤で、発毛効果があることから、薄毛治療に用いられています。
ミノキシジルは、一般的には頭皮に塗布することで使用され、頭皮の血管を拡張させ、血流を増加させることで、毛根に酸素や栄養を供給し、髪の成長を促進します。
また、髪の密度や太さを改善する効果もあります。効果は個人によって異なりますが、定期的な使用が必要であり、使用を中止するとその効果も失われます。

こんな症状の方へおすすめ

  • 女性型脱毛症
  • 円形脱毛症

※ただし、妊娠中や授乳中の方、アレルギーを持つ方、または肌に過敏な方は医師と相談することが必要です。

注入系:H-non療法

近年、最新の毛髪再生治療として注目されているHARGの進化系治療H-non療法。

メリット・デメリット

メリット

  • 多くの臨床試験で効果が証明されている
  • 様々な薄毛のタイプに対応可能
  • 治療後の内服薬の使用は不要
  • 効果が持続しやすい
  • 薄毛の抑制₊発毛作用がある
  • 副作用がない

デメリット

  • 医師の処方が必要なため、医療機関を訪れる必要がある
  • 治療時に頭皮が赤くなる事がある

H-non療法は、harg療法の研究者が開発し、有効成分が入ったカクテルを直接頭皮に注入することで頭皮の組織を修復し、継続的な毛髪と抜けにくい髪の成長を促進します。
※有効成分:人間の「幹細胞(あらゆる細胞の元となる細胞)」から抽出した、150種類以上の成長因子を含む専用薬剤(H-nonカクテル)
また、白髪の改善、効果が持続し、副作用が非常に少ない事が学会でも認められたことからも非常に注目されております。

詳しくはこちらから

こんな症状の方へおすすめ

  • 女性型脱毛症
  • びまん性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 分娩後脱毛症

H-nonは当院のみの薄毛治療

お試しバナー広告

治療方法について詳しくご紹介しましたが、日々のセルフケアも非常に重要です。
ご自身で実践できるセルフケアを取り入れることで、薄毛の進行を抑える事が可能です。
ここでは、薄毛を抑制するための簡単で効果的なセルフケアの方法をご紹介いたします。

セルフケアのポイント

女性の薄毛のセルフケアにはいくつかのポイントがあります。薄毛の改善や薄毛の進行予防に繋がる具体的なセルフケア方法を解説します。

バランスの取れた食事

栄養バランス

健康な食事やバランスの取れた栄養摂取が重要です。特に、髪の毛に良いとされる、タンパク質、ビタミン、ミネラルや亜鉛などを十分に摂取することが必要です。
中でも、亜鉛は、髪の主成分であるたんぱく質を体内で効率よく利用するための大切な栄養素です。
外食中心の生活や、インスタント食品ばかり食べるなど、偏った食事をしていると亜鉛が不足する可能性があります。 亜鉛が含まれている、牛肉の赤身、高野豆腐、ブロッコリーなどを意識して食べましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

マッサージは血行を促進し、頭皮の血流を改善することで、毛根に栄養や酸素を効果的に供給します。これにより、髪の成長を促進し、薄毛の進行を抑制する可能性があります。また、ストレスを軽減し、リラックス効果も期待できます。ただし、強い刺激や摩擦は逆効果になる場合があるため、優しく行うことが重要です。また、毎日の習慣として続けることで効果が期待できます。

適切なシャンプーとトリートメント

シャンプー、トリートメント

女性の薄毛を改善するためには、適切なシャンプーとトリートメントの選び方が重要です。シャンプーとトリートメントの選び方はどのような「成分」が配合されているかが大切になります。ここからは有益な成分についてポイントを解説します。

市販シャンプーの場合

市販のシャンプーにも薄毛に有益な成分が含まれている物があります。シャンプーを比較する際にぜひご参考ください。

  • ビタミンB群:特にビオチンやパントテン酸などが髪の成長を促進し、健康な髪を維持します。
  • シリコン:髪をコーティングして保護し、ボリュームを与える効果があります。
  • アミノ酸:髪のタンパク質構造を補強し、髪を強くし、薄毛の改善に役立ちます。
  • ナイアシン:頭皮の血行を促進し、髪の栄養供給を改善します。
  • パンテノール:髪を保湿し、柔軟性を与え、薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。

これらの成分は、髪と頭皮の健康をサポートし、薄毛の改善や予防に役立つ可能性があります。
ただし、個々の成分が個々の人にどの程度効果的かは個人差がありますので、自身の症状や肌質に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

薬用シャンプーにしか含まれていない薬剤

  • 脱毛を抑制する特許成分「オオバモクエキス」:オオバモクは、和歌山県に生息する海藻の一種で、脱毛症の原因である毛母細胞のアポトーシス(細胞自然死)抑制剤として特許を取得しています。
  • クロレラエキス:毛乳頭細胞と毛母細胞の増殖を促すVEGFを増殖させ、成長期の毛髪を太く丈夫にします。
  • β-グリチルレチン酸:β-グリチルレチン酸は、薄毛の原因である男性ホルモンの発生を抑える薬用成分です。育毛の為の医薬部外品主剤で、脱毛を阻止して毛髪再生サイクルを正常にします。
  • ゲンチアナエキス配合(白髪改善):メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの活性を促進し、白髪を改善します。毛髪の成長をサポートします。古くから生薬として用いられ、現在でも漢方薬や薬酒の素材として利用されている成分です。
ヘアケア

おすすめの製品を見る

成功事例と体験談

実際に治療を受けた女性の体験談

女性の薄毛治療に成功した実際の体験談や成功事例を紹介します。
他の女性の体験から学び、自分に合った治療法を見つけましょう。

H-non療法 患者様の声

白髪やつむじの透けが目だってきて相談に行きました。男性の薄毛クリニックは沢山ありましたが、こちらは女性でも安心の最新治療が受けられるという事が決め手でした。
先生が親身で話しやすくて、いつもつい長く話してしまいます。娘にも最近若く見えると言われて、本当に治療を始めて良かったです。

40代 女性

駅近でとても行きやすかった! 年齢と共に分け目やつむじが薄くなり、ウィッグを使用していましたが、メンテナンスや人の目線が気になり、薄毛治療をしようと調べたところ、恥ずかしかったけど、勇気を出して開発者がいるこちらのカウンセリングに行きました。
悩んでいる人には絶対オススメします。

50代 女性

症例写真

  • 女性の症例

    治療開始から1年2ヶ月経過した写真 頭頂部

    女性の薄毛頭頂部症例写真
    治療前
    H-non治療後の女性頭頂部症例写真
    治療後
    主訴 全体
    年齢 68歳
    回数 H-non 8回
    費用 ¥1,600,000

    リスク・副作用について

    これまでに治療による副作用は報告されておりません。稀に注入時に赤みの出る方がいらっしゃいますが、数時間から数日で改善します。
    円形脱毛症への治療効果には個人差がございます。まずは当院の専門医師にご相談下さい。

  • 女性の症例

    治療開始から1年3ヶ月経過した写真 生え際

    女性症例治療前
    治療前
    H-non女性症例治療後
    治療後
    主訴 生え際
    年齢 36歳
    回数 H-non 10回
    費用 ¥2,000,000

    リスク・副作用について

    これまでに治療による副作用は報告されておりません。稀に注入時に赤みの出る方がいらっしゃいますが、数時間から数日で改善します。

    女性の薄毛の特徴

    「女性には薄毛が少ない」と思われがちですが、実際には多くの女性が髪の悩みを抱えています。
    女性の薄毛は髪のボリューム減少や抜け毛が頭部全体に現れます。男性の薄毛は額の生え際や頭頂部に集中することに対して、女性の薄毛は髪のボリューム減少や抜け毛が頭部全体に現れるのが特徴です。

    そもそも薄毛の原因とは何?

    薄毛の原因は、毛が生える「成長期」が短く、髪が生えない「休止期」が長くなってしまった状態のことです。

    髪の毛周期

    髪にはヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるものがあります。期間は大きく3つに区別することができます。

    ①成長期(2~6年)
    ②退行期(2~3週間)
    ③休止期(2~3ヶ月)
    ※ヘアサイクルの長さには個人差があります。

    男女問わずこのヘアサイクルが乱れると薄毛に繋がります。髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまうことで、「髪が生えない」、「生えたとしてもすぐに抜け落ちてしまう」といったトラブルを引き起こすのです。
    つまり、薄毛を改善するためには、ヘアサイクルを正常に戻す必要があります。

    女性の薄毛の種類

    女性の薄毛は「女性型脱毛症 (FAGA)」「びまん性脱毛症」「加齢による変化」など、複数の要因が影響し合って起こります。
    薄毛の種類ごとに治療方法も異なるため、あなたに合った最適な治療を見つけることが大切です。
    以下に、各薄毛の種類について、その症状や原因を説明します。あなたの髪の悩み解消にお役立てください。

    女性型脱毛症 (FAGA)

    症状

    女性型脱毛症(FAGA)は、髪の毛が全体的に薄くなり、特に頭頂部や前頭部で髪のボリュームが減少し、抜け毛が増加することが特徴です。
    これは女性ホルモンの減少に伴い、男性ホルモンの影響が増加するために発症するとされています。
    男性が男性ホルモンの影響で男性型脱毛症(AGA)になるのに対し、女性が同じく男性ホルモンの影響を受けてなるのが女性型脱毛症(FAGA)です。

    原因

    ・ホルモンバランスの変化
    ・遺伝的要因

    このような方に多い

    ・30代以降によく見られやすい
    ・両親や祖父母の方で薄毛でお悩みの方がいらっしゃる方

    女性型脱毛症(FAGA)の原因は主にホルモンバランスの変化と遺伝的要因です。
    加齢により女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、相対的に男性ホルモン(アンドロゲン)の影響が強くなることで発症します。
    これにより、髪の成長サイクルが乱れ、毛髪が細く短くなり、抜け毛が増えます。また、遺伝的素因も大きく影響し、家族に同様の脱毛症を持つ人がいる場合、発症リスクが高まります。

    びまん性脱毛症

    症状

    びまん性脱毛症の症状は、頭髪全体の均一な薄毛や髪の毛の細化、抜け毛の増加が特徴です。そのため、髪のボリュームが減り、髪質が細くなる事から、頭皮が透けて見えるようになります。また、シャンプーやブラッシングの際に大量の髪が抜けることもあります。

    原因

    ・ストレス
    ・栄養不足
    ・ホルモンバランスの乱れ

    このような方に多い

    ・食生活の乱れや寝不足の方
    ・転職や引っ越しなど環境の変化があった方
    ・ストレスをため込みやすい方

    びまん性脱毛症の原因は複数あります。ストレス、栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどが主な要因です。
    特に、ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスが乱れ、血管が収縮して血行が悪くなります。ホルモンの乱れはヘアサイクルの乱れを引き起こし、抜け毛を招きます。
    そのため、血行が滞ると髪の毛の成長に必要な栄養が行き届かず、髪が成長し切る前に抜け落ちてしまいます。日々の生活でストレスを受けやすい人は、びまん性脱毛症になるリスクが高いため注意が必要です。

    円形脱毛症

    症状

    円形脱毛症の症状は、突然、円形または楕円形の脱毛斑(はん)が現れます。通常は頭皮に現れますが、まれに眉毛やまつげ、体毛にも影響することがあります。周囲の髪は健康なままで、脱毛斑は皮膚が滑らかでピンク色をしています。通常、脱毛斑は自然に治ることがありますが、再発することもあり症状は様々です。

    原因

    ・自己免疫疾患
    ・免疫系が誤って健康な毛包を攻撃
    ・円形または楕円形の脱毛斑が現れる
    ・遺伝的要因
    ・ストレス

    このような方に多い

    ・精神的なプレッシャーや過度なストレスにさらされる環境にいる
    ・家族に円形脱毛症の既往がある

    円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患が主な要因です。免疫系が誤って健康な毛包を攻撃し、その結果、円形または楕円形の脱毛斑が現れます。遺伝的要因やストレスも関与する可能性がありますが、詳しいメカニズムは未だ明確ではありません。

    分娩後脱毛症

    症状

    分娩後脱毛症の症状は、出産後数ヶ月から半年程度で急激な髪の抜け毛が見られます。特にシャンプーやブラッシング時に抜け毛が増え、髪のボリュームが減少します。一般的には数ヶ月から1年程度で自然に改善されます。

    原因

    分娩後脱毛症の主な原因は、妊娠中のホルモンバランスの急激な変化です。妊娠中は高いエストロゲンレベルが髪の成長を促進しますが、出産後に急激にエストロゲンレベルが低下することで、髪の成長が抑制されます。これにより、通常は抜けないはずの髪が大量に抜け落ち、一時的な脱毛が起こります。

    あくまで一般的な症状や要因となりますので、自己判断せず専門医へと相談をしましょう。

    まとめ

    女性の薄毛治療では、専門医の診断と治療が重要です。信頼できる専門医の選び方や診察の流れについて解説します。ぜひ、専門医の診断を受けてみましょう。

    開院12年以上の桜花クリニック

    当院の特徴
    • 開院12年
    • 明確な料金体系
    • harg療法開発者が院長
    • 白髪の改善も期待

    桜花クリニックでは12年以上、多くの方の悩みと向き合ってきました。H-non療法の効果を高めるためには、症例に基づいた状態の見定めと施術技術が重要です。
    桜花クリニックは、HARG開発者の福岡医師を院長に持つ唯一のクリニックとして、最大限の効果を追求しています。契約だけを目指す他のクリニックと異なり、患者様と共に治療を進め、スタッフ全員でサポートしながら改善結果を最大限に引き出します。

    専門医の診断を予約する

    監修医師

    医学博士  福岡 大太朗(ふくおかひろたろう)

    HARG(ハーグ)療法を開発した、再生医療認定医。

    HARG(ハーグ)療法開発者 インタビュー

    監修医師

    医学博士  福岡 大太朗
    (ふくおかひろたろう)

    院長 福岡 大太朗(ふくおか ひろたろう)

    HARG(ハーグ)療法を開発した、再生医療認定医。

    HARG(ハーグ)療法開発者 インタビュー

    メール相談 オンライン予約
    24時間受付けています

    0120-52-6376 受付 10:00 - 18:00