HARG療法とは?

HARG ABOUT

目次

HARG療法とは?

自然に再び発毛させる治療

HARG療法とは?

HARG療法が可能なのは医療機関のみです。
一般的な薄毛治療は、「一時の発毛を促すもの」や「これ以上の薄毛を予防する」だった治療に対して、HARGは発毛作業を促す作用があるのが特徴です。
HARGカクテルという薬剤を薄毛部分の頭皮に注射し、細胞に働きをかけて発毛を促す再生医療です。

HARG療法はこんな方におすすめ‼

  • 内服薬による副作用が気になる
  • 内服薬や育毛剤に限界を感じている方
  • 内服薬の効果が薄れてきてしまった方
  • 女性で薄毛にお悩みの方
  • 20代~30代で薄毛が進行していて不安な方
  • 髪が細く髪全体のボリュームは少なくなってきた方

HARG療法の症例写真

  • 男性の症例

    治療開始から1年経過した写真 つむじ

    20代男性つむじの薄毛症例写真
    治療前
    20代男性つむじHARG治療後症例写真
    治療後
    主訴 生え際、つむじ
    年齢 22歳
    回数 HARG 8回
    費用 ¥1,200,000
  • 女性の症例

    治療開始から2年1ヶ月経過した写真 つむじ

    65歳女性HARGモニター治療前
    治療前
    65歳女性HARGモニター治療後
    治療後
    主訴 つむじ
    年齢 65歳
    回数 HARG 8回モニター
    費用 ¥640,000

HARG療法の特徴

HARG療法は特許もあり、世界中で発毛実績が認められています。

女性でもOK‼性別年齢を問わない治療

女性でもOK‼性別年齢を問わない治療

AGAで使用されるフィナステリドを始め、従来の薬品や錠剤は男性のみに効果が認められているが、女性には副作用を誘発する可能性があることから使用できませんでした。
しかし、HARG(ハーグ)療法は、 ヒト由来の薬剤を使用するため、身体にやさしく、副作用によって制限の多い女性の薄毛治療にも高い効果と安全性が期待できます。
さらに治療時間は約20~30分程度で、 ダウンタイムもなし。普段の生活をしながら治療が可能です。さらに当院では、一人ひとりの体質や頭皮の状態によって、使用する薬剤を調整し、無理のない治療に配慮しています。

副作用が少ない

副作用が少ない

薬物療法などは肝機能障害など様々な副作用が起こる可能性があります。
ミノキシジルには痒みや血圧低下、体毛が濃くなるなどの副作用が報告されており、プロペシアは胎児への影響から女性の使用は禁忌とされています。
そのため、妊活中の方の場合、男性でも女性からやめてほしいといわれる方も多くいらっしゃいます。
しかし、HARG療法は、副作用がほとんどないため、妊活中の方などでも使用が可能です。

6回ほどの施術で効果が期待

副作用が少ない

HARG療法の最大の特徴は、6回ほどの治療後から一定期間のメンテナンスを行うことで毛髪を維持できることです。
治療後も内服薬のみ服用を継続する必要はありますが、再びAGAが進行するリスクも低いため、トータル的なコストや通院の手間、薬の飲み忘れなどの心配が少なくなります。また、一時的な再生ではなく本来の能力を取り戻すため、従来の治療法とは異なります。

HARG療法を更に進化させた当院限定の「H-non」

当院ではHARG療法をさらに進化させたH-non治療を行っております。

  • 副作用なし
  • 内服薬の服用も必要なし
  • 白髪も改善‼生えてくる毛も白髪になりづらい
「H-non」お試しプランあり

【HARGを解説】HARG療法発毛のメカニズム

HARG療法がなぜ発毛に効果があるのか、メカニズムを解説します。

そもそも薄毛の原因とは何?

薄毛の原因は、毛が生える「成長期」が短く、髪が生えない「休止期」が長くなってしまった状態のことです。

そもそも薄毛の原因とは何?

髪にはヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるものがあります。期間は大きく3つに区別することができます。

①成長期(2~6年)
②退行期(2~3週間)
③休止期(2~3ヶ月)

※ヘアサイクルの長さには個人差があります。

男女問わずこのヘアサイクルが乱れると薄毛に繋がります。髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまうことで、「髪が生えない」、「生えたとしてもすぐに抜け落ちてしまう」といったトラブルを引き起こすのです。
つまり、薄毛を改善するためには、ヘアサイクルを正常に戻す必要があります。

HARG療法と育毛メソセラピーの違いは何か?

HARG治療と育毛メソセラピーは目的が違います。
育毛メソセラピーは内服薬などと同時に服用することで、発毛するまでの期間を短縮できる補助的な治療のことをいいます。
しかし、HARG治療は髪を作り出す土壌の再生を目的としているため、発毛を自体を再生させる働きがあります。

150種類の成長因子が発毛を促す

150種類の成長因子が発毛を促す

休止期になると、髪の毛は生えてきません。

しかし、その部分の毛母細胞はまだ生きているため「髪の毛を生やす力」は残っています。

この点にHARG療法は着目し、独自にブレンドしたHARGカクテルを開発。それを頭皮に注入し、眠った細胞を目覚めさせることで再び成長期へ導くことに成功しました。

つまり、HARG療法とは、薬剤の力だけで髪の毛を生やすのではなく、細胞自らが再び発毛するように促す仕組みなのです。

HARG療法のエビデンス

HARG療法のエビデンス

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会にて5年以上の検証を行い、男女共に薄毛療法として(改善がみられる)効果の確立がなされております。
また、『形成外科』(克誠堂出版)第55巻 第10号に当院の福岡大太朗医師が執筆したHARG療法に関する論文が掲載されており、医療業界で大きな反響を頂きました。

HARG療法は効果なし?

HARG療法後の内服薬の服用は必要ない?

サイト検索やSNSで「HARG療法が効果なし」と出てくることがあります。
これは、

・効果が出る前に断念してしまった
・費用を抑えて有効成分の濃度を薄くしたクリニックで治療をした
・HARG療法後にも内服薬は服用し続ける必要があるため

が理由にあげられます。
内服薬が必要な理由は、HARG療法は発毛を促す初めての「攻め」の治療といわれています。しかし、薄毛予防の治療はできないため、AGAの進行を止めることはできません。そのため、一般的なHARG療法では治療完了後も内服薬の服用が必要となります。

当院限定の次世代HARG療法

当院限定の次世代HARG療法
  • 当院限定の次世代型治療

  • HARG開発者が開発

  • 内服薬の必要もなし

当院のHARG治療は「H-non」療法という次世代型のHARG療法を用いて治療にあたります。
H-non療法は発毛作用だけでなく、毛根の発毛作用を促すため薄毛予防にも効果があります。
そのため、治療後の内服薬の服用の必要もありません。

HARG療法と他の治療法との違い
(HARG療法のメリット・デメリット)

ご自身で行う育毛剤やかつらなどの薄毛「対策」と、クリニックでの薄毛「治療」のメリット・デメリットを比較してみました。

医師による薄毛の「治療」とは、どういったものなのか?ぜひ参考にご覧ください。

方法 デメリット メリット
HARG療法
  • 通常の注入方法は痛みを感じる
  • 効果が実感できるまで治療回数時間がかかる
  • 一般的HARG療法では治療後にも内服薬の継続が必要
  • 一時的に支払う費用が薬物療法と比べて高い
  • 自身の本来の髪の毛のため自然な仕上がりが期待できる
  • ヘアサイクルを整え、自身の髪の成長力を取り戻すことできる
  • 副作用が少ないため、制限の多い女性の施術が可能
  • 一定期間の治療を受けた後は放置できる(年1回~2回のメンテナンスでOK)
  • 局部の発毛が可能
  • ダウンタイムなし
内服薬
  • 根本的でなく一時的な治療のため、永続的に服用が必要
  • 服用をやめると薄毛が急速に進む(毎日の服用が必須)
  • 服用を続けると耐性ができて薬が効かなくなってしまう場合がある
  • 副作用のリスクが高い(性欲減退、勃起不全、肝機能障害、頭皮トラブル、多毛症など)
  • 女性は使用できない事が多い
  • 価格的にも手軽に出来る
  • 即効性が高い
育毛剤
  • 効果が出ないことがある
  • 効果の発現に時間を要す
  • 長期継続する必要がある
  • 女性が使えない育毛剤が多い
  • 経済的負担が軽い
育毛サロン
マッサージ
  • 効果が出ないことがある
  • 効果の発現に時間を要す
  • 長期継続する必要がある
  • 長期的に費用がかかる
  • 悩みを相談できる
  • エステ効果でリフレッシュできる
  • 毛髪へのマイナス要因をとる
増毛サービス
(エクステンション)
  • 長期的に費用がかかる
  • 毛髪への負担がある
  • 発毛を待つ必要がない
  • 身体的負担が軽い
植毛
(自毛植毛)
  • 植毛部以外の薄毛の進行は止められない
  • 生着しないと抜け落ちてしまう
  • 合併症のリスク
  • 経済的に高額になる可能性が高い
  • 外傷などで焼失してしまった毛根にも対応可能
  • 自身の本来の髪の毛のため自然な仕上がりが期待できる
かつら
  • 蒸れることがある
  • ずれる可能性がある
  • 周囲にばれやすい
  • 毎日つけていなければならない
  • 女性の場合、ヘアカラーを気にする必要がある
  • 手軽、気軽に取替え可能

HARG療法のまとめ

  • HARGは自身の髪の成長力を取り戻す唯一の治療方法
  • HARGの副作用は少なく、女性の薄毛治療も可能な場合が多い
  • HARGは年1回~2回のメンテナンスは必要がある

HARG療法で
当院が選ばれる3つの理由

POINT1
HARG開発者福岡医師が在籍

HARG開発者福岡医師が在籍
  • HARG療法開発者が診断・監修

  • 17年以上の実績

軽度の薄毛症状の患者様から薄毛がかなり進行した患者様まで当院院長薄毛の研究・開発を行った福岡医師自ら、17年以上の治療実績に基づいた知見で1人1人に最適な治療を提供します。

POINT2
痛みや効果に合わせて3つの療法を用意

HARG開発者福岡医師が在籍
  • 痛みを軽減させるため極細の注射針を使用

  • 痛みがほとんどない治療方法も用意

「痛み」が不安な患者さまも多いです。
そこで、当院では痛みを軽減するために工夫を行い、治療方法も3種類用意しております。
詳しくは下記「治療方法について」を御覧ください。

治療方法について

POINT3
当院しかできない次世代型HARG療法[H-non]

当院しかできない次世代型HARG療法[H-non]
  • 内服薬の服用が不要

  • 白髪にも効果があり

H-nonは一人一人の体質に合わせて診察時に毎回配合を行います。
ヒト由来でアレルゲンを含まない成分のみを使用するため、身体への負担は少なく、現在までに副作用の報告は入っておりません。
また、毛根の成長を促すため「白髪の改善や白髪になりづらい髪本来の健康的な発毛」や「持続的な内服薬の服用」が必要ありません。

次世代型HARG療法「H-non」とは?

他院の薄毛治療は薄毛の進行を抑える事が多いのに対し、H-nonは薄毛抑制+発毛効果があります。
また、薄毛治療は一生といわれる中、H-nonは治療後放置出来ることが最大の特徴です。
内服薬など刺激の強い治療法は、一時的な回復が見られたとしても、副作用や薄毛の抑制のみで根本的な解決にはなりません。
髪が生えたとしても一時的なもので一度服用をやめてしまうと元に戻ってしまいます。
次世代薄毛治療H-non療法は、細胞を活性化させ、髪が生えていた頃の頭皮状態に導くため、遺伝による薄毛や、毛穴が見えないほどの重度な薄毛、治療に制限が多い女性の薄毛にも大変効果的です。

次世代型HARG療法
当院の患者さまの声

  • ★★★★★ ★★★★★
    5.00

    10年間お世話になっています。10年前初めての治療で髪全体にボリュームがでて生え際からも髪が生えてきたのでビックリしました。

    男性

  • ★★★★★ ★★★★★
    5.00

    白髪やつむじの透けが目だってきて相談に行きました。こちらは女性でも安心の最新治療が受けられるという事が決め手でした。
    娘にも最近若く見えると言われて、本当に治療を始めて良かったです。

    女性

  • ★★★★★ ★★★★★
    5.00

    こちらに通い始めて5年半になりますが、通い始めて半年ほどで効果を実感してきました。抜け毛も減り、髪が太くなっていくのがわかりました。1年ぐらいすると見た目もしだいに変わり始め自信がついてきました。

    男性

    HARG療法を更に進化させた当院限定の「H-non」

    当院ではHARG療法をさらに進化させたH-non治療を行っております。

    • 副作用なし
    • 内服薬の服用も必要なし
    • 白髪も改善‼生えてくる毛も白髪になりづらい
    「H-non」お試しプランあり

    HARG療法のよくある質問

    Q

    HARGとはどういう意味ですか?


    A

    HARG療法とは、「Hair Re-generative therapy」の略称で、毛髪の再生治療を指します。 「HARGカクテル」と呼ばれる薬剤を頭皮に直接注入することで、髪の成長力を高めます。 医療機関でしか施術することができない発毛・育毛療法です。

    Q

    HARGで発毛できますか?


    A

    HARGには発毛効果があります。 一般的な薄毛治療は、「一時の発毛を促すもの」や「これ以上の薄毛を予防する」だった治療に対して、HARGは発毛作業を促す作用があるのが特徴です。

    Q

    HARG療法の効果はどうですか?


    A

    90%以上の症例で発毛が報告されています。 HARG療法とは、薬剤の力だけで髪の毛を生やすのではなく、細胞自らが再び発毛するように促す治療です。

    Q

    ハーグ療法の料金は?


    A

    複数回の注入を前提としたプランが多く400,000円〜1,200,000円と治療費は高額となります。

    Q

    HARGの効果はどのくらい持続しますか?


    A

    一度施術が終われば年1回程度のメンテナンスで発毛効果の持続が可能です。 大体6回ほどの治療が必要といわれております。

    監修医師

    医学博士  福岡 大太朗(ふくおかひろたろう)

    HARG(ハーグ)療法を開発した、再生医療認定医。

    HARG(ハーグ)療法開発者 インタビュー

    監修医師

    医学博士  福岡 大太朗
    (ふくおかひろたろう)

    院長 福岡 大太朗(ふくおか ひろたろう)

    HARG(ハーグ)療法を開発した、再生医療認定医。

    HARG(ハーグ)療法開発者 インタビュー

    メール相談 オンライン予約
    24時間受付けています

    0120-52-6376 受付 10:00 - 18:00