Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

HARG(ハーグ)療法は原因を問わず薄毛を改善できるとのことですが、AGAを治すことはできるのでしょうか?
AGAが治らない限りいくら発毛しても抜けてしまうのではないかと心配です。

AGA(男性型脱毛症)とは、強力なホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の作用で、毛母細胞がアポトーシス(細胞死)に至り、毛髪の成長期が短くなってしまうことで起こります。

髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうため、全体的に髪の密度が薄くなり、毛周期も休止期へ移行してしまうのです。


HARG(ハーグ)療法は、毛母細胞や毛包の幹細胞に活性を与えることで、毛周期を正常化します。
つまり、毛髪の周辺環境をある程度若い状態に戻すということです。
したがって、いったんAGAを治すといって差し支えないのですが、そこからまたDHTの影響が積み重なり、AGAの症状が現れる可能性はあります。


しかし、これはAGA治療薬のプロペシアでも同様です。
DHTの生成を抑制するプロペシアは、AGAの進行を食い止めますが、完治させるものではないため、服用を止めると再びAGAは進行します。


当院のHARG(ハーグ)療法では、一人ひとりの症状に応じてDHTの生成と脱毛タンパクをブロックする効果のあるHARGENONスプレーを処方します。
当院のオリジナル処方であり、プロペシアに見られる副作用はありません。


HARGで毛髪を再生した後は、その維持のため、DHTの程度に合わせた適切なアフターケアもご提案しております。


毛周期とHARG(ハーグ)療法で発毛するしくみについて


メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00