Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

後頭部の髪を移植することで、AGAに対する抵抗性を引き継ぐという自毛植毛の理論はわかりました。
ただ、移植した毛髪が抜けないとしてもそれ以外の元からある髪はAGAの影響を受けるので、植毛だけ不自然な残り方をするということでしょうか?

その可能性はあります。


植毛は定着さえすれば、AGA(男性型脱毛症)に強い性質をドナー部分より受け継ぐため、そのまま成長し、抜けてまた生えるというヘアサイクルを繰り返します。


しかしAGAの場合、植毛部分以外の毛髪はジヒドロテストステロン(DHT)の作用で、どんどん薄くなる可能性があります。
たとえば生え際から薄くなった方の場合、それをカバーするために植毛を実施した後、AGAが進むことで、前髪だけ残ってぽっかりと空白地帯が生じるケースもあるのです。
このような事態を避けるためには、以下の点を考慮に入れる必要があります。


  • ・植毛の時期を選ぶ(早すぎないか)
  • ・将来を予測して植毛する(位置、分配)
  • ・植毛後の周囲の既存毛のケア(プロペシア等)

特に、今が植毛に最適な時期なのかどうか十分に見極めることが大切でしょう。


仮に植毛後AGAが進行し、不自然な生え方になってしまった場合には、HARG(ハーグ)療法による発毛でバランスを整える方法もとれるかと思います。


植毛によるAGAの治療について


メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00