Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

内服薬での薄毛治療とHARG療法はどのように異なるのでしょうか。

院長福岡

内服薬での治療とHARG療法の違いは、薄毛を抑制するか、毛髪を再生し増毛させるかの違いといえます。


薄毛治療の内服薬として代表的なものに、AGA治療のプロペシアがあります。
AGAとは、テストステロンと5a-ダクターゼが結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)という抜け毛を促進するタンパク質が原因で薄毛となる症状のことです。
プロペシアは、この5a-リダクターゼを阻害する働きがあり、薄毛の進行を食い止めますが、服用を中止すると再びDHTが生成され、薄毛が進行してしまいます。


一方、HARG療法は、頭皮に成長因子を注入し、薄毛を根本から治す治療法です。
人間のあらゆる細胞の元となる「幹細胞」からAAPEというタンパク質を抽出し、頭皮に直接注入することで、毛髪をつくる毛母細胞を刺激し、毛包幹細胞を活性化して、患者さま自身の細胞を蘇らせます。
そのため、注入時のみならず、治療を終えた後にも増毛効果を見込むことができるのです。


HARG療法の効果


メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00