メール相談   オンライン予約 
24時間受付けています

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

内服薬での薄毛治療とHARG療法はどのように異なるのでしょうか。

院長福岡

内服薬での薄毛治療で代表的なものはプロペシアなどのAGA治療があげられます。プロペシアはAGAの原因物質を抑制し、薄毛の進行を抑えるものです。対してHARG療法は成長因子を注入し、毛髪そのものを再生し薄毛を根本から治す薄毛治療です。

AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる抜け毛を促進するタンパク質が原因で薄毛となる症状のことです。このDHTはテスト論と5a-ダクターゼが結びつくことで生成され、プロペシアは51-リダクターゼを阻害する薬となっております。プロペシアは薄毛を進行を食い止める薬となっており、服用を中止してしまうとタンパク質の生成が再び始まってしまうため、再び薄毛が進行するというデメリットがあります。

それに対し、HARG療法は人間のあらゆる細胞の元となる幹細胞から抽出したAAPEというタンパク質を注入する薄毛治療です。AAPEは毛髪をつくる毛母細胞を刺激し、毛包幹細胞を活性化させます。注入による活性化のみならず、患者様の頭皮からも毛母細胞を刺激できるように治療を行うため、治療を終えた後も増毛効果が見込めます。 そのため、内服薬での薄毛治療とHARG療法の違いは、薄毛を抑制するものか、毛髪を再生し増毛するものかという違いだといえます。

HARG療法の特徴、他の治療との違いの他のご質問

カテゴリーから探す

ご予約・お問い合わせ
はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-52-6376

受付:10:30 - 19:00 完全予約制

※未成年の方は、診察を受けられる際に親権者・保護者様のご同伴をお願いしております。

公式Facebookはじめました!

~クリニックについての紹介、新宿周辺のお店紹介を中心に情報を発信していきます!~

HARG治療を開始してから約10年。
今日までに数多くの薄毛に関する皆様のお悩みと向き合ってまいりました。
薄毛の感じ方やとらえ方は人それぞれかもしれませんが、私たち桜花クリニックには、皆様のお悩みがどのように解決されたかの症例が豊富にございます。

それらを皆様に還元すべく、このたびの「公式Facebook開始」を契機に、
1日1名様の初診料を無料にしました(先着順)

専門医が豊富な症例をもとに、皆様のお悩みに直接お答えすることで、きっと皆様のお悩みも軽くなると、信じております。

お申し込みは電話または、オンライン予約にて受け付けております。

※オンライン予約の際は「お問い合わせ」欄に、無料診察希望と必ずご記入願います。