女性にやさしい
薄毛(FAGA)治療の選択肢

女性の身体にやさしい薄毛治療

従来のAGA治療では、
女性には副作用がでてしまいます

従来の薄毛治療、および、AGA治療には、おもにプロペシアやミノキシジルといった内服薬が用いられています。

しかし、これらは女性にのみ重篤な副作用があるため、女性の薄毛(FAGA)治療には、使用することができません。

男性のAGAに比べて、女性の薄毛(FAGA)は、治療の選択肢が少なく、身体への影響など細心の注意を必要とするのです。


プロペシア服用で女性に起こる副作用

プロペシアは、男性のAGA治療薬として、一般的な薬品のひとつです。

主成分であるフィナステリドが、毛髪の成長を阻止する男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、 抜け毛の進行を防ぐ働きをします。

しかし、本来、前立腺肥大症に対する薬として開発されたフィナステリドには、胎児の生殖器発達を阻害する副作用があるため、女性、特に妊婦の服用は禁忌とされています。

飲まなくても、触るだけで皮膚から吸収されるので、身近な男性が服用している場合にも、注意が必要なほどです。

また、プロペシアは男性ホルモンに働きかけるので、もともと体内の男性ホルモンがあまり多くない女性が服用すると、ホルモンバランスが乱れる可能性もあります。

ホルモンバランスの乱れは、頭痛や吐き気などさまざまな不調のきっかけになり、さらなる薄毛や抜け毛をも引き起こしかねません。

男性にとっては一般的でも、女性には、大変危険な薬剤なのです。

副作用のない女性のAGA治療薬


ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、プロペシア(フィナステリド)とは異なり、女性でも服用可能とされている薬剤です。

もともとは、高血圧を治療する血圧降下剤でしたが、副作用で全身に発毛効果が見られたことから、発毛剤として研究、開発に至ったという経緯があります。

しかし、ミノキシジルの血管拡張作用によって、全身の血流が促進されるため、発毛効果は頭皮だけにとどまらず、髪の毛以外の体毛も濃くなってしまいます。

もともとある程度体毛が濃い男性であれば、大きな影響はないのですが、女性の場合、この副作用を気にされる方は多いようです。

また、フィナステリド、ミノキシジルともに、服用している間は一時的に脱毛を止めることができますが、やめると効果は切れて、再度脱毛が進行しはじめます。

あくまで、内服による一時的な効果なので、薄毛の根本的な治療・改善には至らず、発毛効果を持続させるためには、薬を飲み続けなければならないという問題もあります。

副作用のない薄毛治療
「HARG(ハーグ)療法」

これまで、女性の薄毛(FAGA)は、男性のAGAに比べて治療法自体が少なく、リスク(副作用、身体的負担)も伴うものでした。

そのため、薄毛が気になっても、具体的な改善に二の足を踏んでしまい、手をこまねいているうちに、症状を進行させてしまったという例も多く見受けられます。

そんな女性の切実なお悩みにこたえるのが、毛髪再生医療「HARG(ハーグ)療法」です。

再生医療の観点から、ヒト由来の成長因子(PPPE)を、頭皮下に直接届けることで、ご自身が本来持っていた発毛力を蘇らせ、強く抜けにくい髪質へと導きます。

HARG療法に使用する薬剤は、アレルギー起因物質を含まないため、アレルギーの心配がなく、また、プロペシアやミノキシジルのような副作用もありません。

年齢や性別を問わず高い発毛効果を発揮し、どなたにも安心して薄毛改善の治療を受けていただくことができます。


HARG開発者が監修する
当院ならではの高水準施術

HARG開発者監修の高い技術

桜花クリニックは、HARG療法を開発した福岡大太朗が顧問を務める、唯一のクリニックです。

福岡医師監修のもと、薄毛治療に精通した専門医師たちが、最新の技術やノウハウをご提供しています。

当クリニックでは、通常のHARG療法に加え、一人ひとり異なる体質や薄毛の原因に合わせた薬剤を調合することで、より高精度の発毛促進に成功しています。

これは、HARG療法開発者を顧問にもつ、桜花クリニックでのみ可能な、独自の技術です。

結果、国内外を問わずご来院された多くの患者様から、たくさんの喜びの声をいただいております。


メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00