FAGA(女性AGA)とは

女性の薄毛FAGAとは

FAGAとAGAの違い

FAGAとは、Female Androgenetic Alopecia の略で、女性男性型脱毛症のことです。

男性でいうところのAGA(男性型脱毛症)ですが、AGAのように、額が広くなったり、M字に脱毛したりすることはほぼありません。

FAGAの場合、局所的な脱毛ではなく、髪の毛一本一本が細くなって、ハリやコシがなくなる髪全体のボリュームが失われて、分け目やつむじが目立つようになるといった女性特有の特徴や症状があります。

基本的に年齢が上がるほど発症率は高くなり、40歳前後から更年期にかけてが最も多いのですが、近年、生活スタイルや環境の変化などで、20代・30代でもFAGAと診断される方が増えてきています。出産を機にFAGAを発症するケースもあるようです。

FAGAは放置せず、早期治療を

FAGAはクリニックで早期治療を

FAGAは進行性の脱毛症です。
進行性とは、何もしなければどんどん悪化していくという意味で、AGAほど進行速度は速くないものの、自然治癒には期待できません。

軽症であればあるほど治るのも早いので、気になり始めたら放置せず、まずはクリニックでの診察・カウンセリングを受けてみることをお勧めします。
薄毛改善には、早期診断・早期治療が何よりも大切です。

薄毛=男性というイメージは強く、専門クリニックも男性向けなのでは?と思われがちですが、薄毛治療は男性だけのものではありません

女性の薄毛も、クリニックでしっかり治療、改善することが可能です。

女性の薄毛のよくあるご質問

当院の患者様のおよそ半数は女性です

男性のAGAが治療できることは、広告等の影響から一般的になってきています。

しかし、それはあくまで男性向けで、AGA治療で用いられる代表的な薬剤「プロペシア」は、女性にとって触るのも禁忌とされており、同じように使用することはできません。

男性に比べて女性の薄毛治療は、まだまだ選択肢が少ないのです。

桜花クリニックでは、アレルゲンを含まないヒト由来の再生医療「HARG(ハーグ)療法」によって、性別を問わず多くの患者様のお悩みを改善してきました。

女性の薄毛には、妊娠の可能性や授乳中など、様々な状況や体調に考慮した治療が求められます。

当院では、これまでの豊富な実績と丁寧なカウンセリングで、お一人おひとりに寄り添った薄毛治療をご提案しております。

なお、薄毛の改善には、ストレスの軽減や生活習慣の見直しなど、あらゆる角度からのアプローチも重要です。

桜花クリニックは、メールでのご相談も受け付けております。

日々の生活における注意点や、薄毛治療に関してご不明な点など、気がかりなことがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

メール相談はこちら

メール相談 オンライン予約
24時間受付けています

0120-52-6376 受付 10:30 - 19:00