メール相談   ドクター相談予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

プロペシア(フィナステリド)やミノキシジルでの薄毛治療を試みたのですが、副作用により断念しました。できればこれ以上薬などの負担を受けずに頭髪を維持したいのですが、HARG(ハーグ)の効果はずっと持続するのでしょうか?

院長福岡

薄毛は、毛を作り出すもとになる毛母細胞の機能が低下することにより、髪の成長・退行・休止のサイクル(毛周期)が滞り、成長が阻害されることで引き起こされます。

HARG療法(ハーグ療法)は、毛母細胞に直接働きかけることで成長のスイッチを入れる再生医療です。一定期間の治療が終了して発毛効果が見られた後は、頭皮が若い状態になり、毛周期が正常化した状態であるため、持続的な効果を発揮します。
薄毛になるに至った原因によっては、このサイクル(毛周期)を維持するためのメンテナンスやホームケアが必要となる場合もありますが、多くの事例において、頭髪の維持は可能となります。(詳しくは、「HARG(ハーグ)の効果」をご覧ください)
また、体毛が増加する、胎児に異常をきたすなどの理由で、ミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)の服用がタブーとされているなど、薄毛の治療方法に制限の多い女性の患者さまが当院ではおよそ半数を占めており、副作用の気になる方にも安心して治療を受けて頂いております。

HARG療法(ハーグ療法)の効果を含めた、治療方法に関する疑問がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

HARG療法(ハーグ療法)の効果の他のご質問

カテゴリーから探す

HARG治療センター ページ一覧

新宿駅徒歩1分
住所 新宿区西新宿1-4-10
満来ビル4F 桜花クリニック
アクセス
方法
JR新宿駅西口より徒歩1分。
小田急ハルク(ビックカメラ)の建物裏の通り、新宿西ビルディングのとなりです
診療時間
電話受付
月~木:10:30 ~19:00
金~日:10:30 ~19:30
※不定休/完全予約制
MAP
クリニックからのお知らせ
2017年5月の休診日
1日(月)、3日(水)、4日(木)、5日(金)、10日(水)、12日(金)、14日(日)、18日(木)、25日(木)、28日(日)
HARG治療センター