お問い合わせ   診療予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

内服薬での薄毛治療とHARG療法はどのように異なるのでしょうか。

院長福岡

内服薬での薄毛治療で代表的なものはプロペシアなどのAGA治療があげられます。プロペシアはAGAの原因物質を抑制し、薄毛の進行を抑えるものです。対してHARG療法は成長因子を注入し、毛髪そのものを再生し薄毛を根本から治す薄毛治療です。

AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる抜け毛を促進するタンパク質が原因で薄毛となる症状のことです。このDHTはテスト論と5a-ダクターゼが結びつくことで生成され、プロペシアは51-リダクターゼを阻害する薬となっております。プロペシアは薄毛を進行を食い止める薬となっており、服用を中止してしまうとタンパク質の生成が再び始まってしまうため、再び薄毛が進行するというデメリットがあります。

それに対し、HARG療法は人間のあらゆる細胞の元となる幹細胞から抽出したAAPEというタンパク質を注入する薄毛治療です。AAPEは毛髪をつくる毛母細胞を刺激し、毛包幹細胞を活性化させます。注入による活性化のみならず、患者様の頭皮からも毛母細胞を刺激できるように治療を行うため、治療を終えた後も増毛効果が見込めます。 そのため、内服薬での薄毛治療とHARG療法の違いは、薄毛を抑制するものか、毛髪を再生し増毛するものかという違いだといえます。

HARG療法の特徴、他の治療との違いの他のご質問

カテゴリーから探す

ご予約・お問い合わせ
はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-52-6376

受付:10:30 - 19:00 完全予約制

※未成年の方の診察および治療は受け付けておりません。
あらかじめご了承ください