メール相談   ドクター相談予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

HARG療法は薄毛を根本的に解決できる
唯一の再生医療

HARG療法の効果

HARG療法は、人間のあらゆる細胞の元となる「幹細胞」から抽出した150種類以上もの「成長因子」を含むタンパクAAPEを直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。
HARGカクテルを注入した頭皮は「幹細胞」が強力に刺激されて活性化し、自らが「成長因子」を分泌し続けるため、発毛が継続します。あらゆる薄毛に効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療です。

HARG療法なら治療が終わっても発毛が続く

AGA治療のような脱毛する本数を減らす事で全体の毛量を維持する方法や、育毛メソセラピーにより、頭皮環境を改善して育毛・発毛を促すなどの方法等は治療を止めてしまうと発毛効果も止まります。
毛髪の「成長因子」を生み出す自身の細胞を蘇らせることによって、根本的に薄毛を治すHARG療法は、治療の継続が前提となる他の薄毛治療を受けてきた方も、薄毛を「治す」最後の手段として選んでいる治療です。

HARG療法が発毛する仕組み

わずか5年間で全国180以上の医療機関が導入安全性と確かな効果が証明されている薄毛治療

HARG療法は当院の福岡院長が開発し、全国180施設を越える医療施設に普及させた最先端の薄毛治療です。
高い発毛率も普及の理由の一つですが、安全かつ確かな効果をもって、あらゆる薄毛を治療できるからこそHARG(ハーグ)治療は多くの医療機関で提供されています。

HARG療法の特徴

他治療では治らない薄毛に完全対応生えなくなった毛穴からも発毛

男性・女性に関わらず、AGAから重度の薄毛まで幅広い薄毛症状に対応するHARG療法。重度の薄毛に多く見られる、毛穴が見えなくなってしまった頭皮でも毛穴を作り出し、本来生える髪を再び発毛させることができます。
原因を問わず、自分の髪を生やすことのできる再生医療だからこそ実現する治療です。

  比べて分かるHARG療法

HARG療法の特徴を一般的な薄毛治療と比較してみました。

HARG療法の効果は?

再生医療によって“再び生やす”ことが最大の特徴
脱毛を防ぐだけでなく、積極的に発毛。毛髪を増やす!

治療法による比較 効果の高さ 効果 主に使用する薬・方法
HARG療法 発毛、育毛、脱毛抑制。頭皮を若い状態にし、かつてあった毛髪に戻していきます。
髪の本数そのものを増やします。
HARGカクテル(脂肪幹細胞由来タンパク)など
AGA外来
育毛メソセラピー
主に男性の薄毛に効果の高い治療です。
脱毛を防いで、薄毛を食い止める治療です。積極的に薄毛を治すというよりもメンテナンスに近い治療です。
育毛メソセラピーや、ミノキシジルなどの錠剤など
植毛 自分の毛髪を植えかえ、薄い部分を隠します。短期的に改善できます。 医師が執刀したり、ロボットにより自動的におこなうなど様々
育毛サロン 医療ではありませんので、マッサージやメンテナンスで毛髪の環境を少しでも良くします。
改善例もあれば、全くない場合もあります。
ヘッドスパや化粧品・サプリなど

HARG療法とその他の薄毛治療との効果の違いは、主に「発毛」です。
他の治療は、脱毛を抑える事で髪の成長を助ける方法や、本数を増やさずに植え替える事で薄くなった部分を目立たなくすると言った方法が多いのに対し、 HARG療法は積極的に発毛させ、毛髪の本数を増やします。

どんな人が受けられますか?

「他の育毛サービスで結果が出なかった」という人も多数改善
女性・男性・年齢問わず受けられます。

治療法による比較 対象となる症状 このような方には向いていません
HARG療法 AGAによる脱毛、女性の薄毛
加齢に伴う薄毛、円形脱毛症 など
とくになし
育毛サロン とくになし 重度の薄毛、広範囲に肌が露出している方
植毛 AGAによる脱毛、女性の薄毛
加齢に伴う薄毛、円形脱毛症 など
すでに植毛をしたことがある方。
感染症がある場合 など
AGA外来
育毛メソセラピー
主に男性のAGAによる脱毛が対象 女性は治療が受けられない場合があります

育毛メソセラピーや、プロペシア、植毛は、それぞれにちがう特性があります。いずれも薄毛治療としては有効な治療法で多くのメリットがありますが、一方でその特性によるデメリットもあり、症状によって治療の向き不向きがはっきりしています。
HARG療法に関しては、男性だけでなく女性の薄毛治療にも適応でき、植毛をした後の頭皮でも可能です。
(状態によってはHARG療法がおすすめできない場合もございますのでカウンセリング時にご相談下さい)

※ 患者様の状態によって、HARG療法でなく育毛メソセラピーやプロペシア、育毛サプリ等でも十分効果のあると診断できる場合もありますので、ご相談下さい。

治療期間は?

月1回程度の通院でOK
半年~1年で治療終了

治療法による比較 治療期間 治療頻度 説明
HARG療法 半年〜1年程度 月1回 治療は8回前後をワンクールとし、終了です。
その後は経過観察程度で、定期的な通院は必要ありません。
育毛サロン 1年〜無限 月1〜8回 あくまでメンテナンスですので、続ける事に意味があります。
改善が見え、満足できた時点で終了になります。
植毛 数日~数ヶ月 1回~3回 ほとんどの場合1回で治療を終え、その後は経過観察や術後の手当てのみとなります。
AGA外来
育毛メソセラピー
1年〜無限 月1〜4回 AGA治療をしている間は男性ホルモンによる影響を食い止めることが出来るため、毛髪を維持するために続けていく必要があります。

HARG療法と、植毛については、治療法や症状によって違いはあるものの、ある程度決められた期間と通院回数で治療できます。
AGA外来(クリニック)や育毛サロン(エステ)の場合は、メンテナンスのために通う事が多いため、期間や回数は明確に定まってはいません。

安全性は?

副作用ナシ
傷跡ナシ
痛みもほとんどナシ

治療法による比較 安全性 リスク
HARG療法 副作用は特になく、アレルギー等の問題もございません。治療法や個人差により治療時に痛みを感じることがあります。
育毛サロン 民間療法の範囲内で行うため、安全性は普通です。しかし、医療機関ではないため、やけどや炎症等がおきた場合に適切な対処が出来ないというリスクがあります。
植毛 傷跡、ショックロス(抜け落ち)、炎症など頭皮のダメージが起こる場合があります。
AGA外来
育毛メソセラピー
使用される薬、ミノキシジルには、男性機能が衰えると言う副作用があると言われており、必ずしも影響があるとはいえませんが、必ずそのような副作用を説明の上治療が行われます。

当院では発毛率99%、年齢・性別問わず改善しています

HARG療法は、自分の髪を生やす発毛・育毛治療の中では効果が早く、かつ持続性が高い治療です。脱毛を防ぐだけでなく、再生医療によって”再び生やす”ことが最大の特徴です。

つまり、積極的な発毛と育毛で毛髪を増やしていきます。

HARG療法 当院の治療症例

HARGとは

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

ドクター福岡によるHARG療法は通算2,000人以上

HARG治療センターは、2009年に開業し、HARG療法による薄毛治療だけを専門に行って参りました。

HARG開発者であるドクター福岡は、個人でのHARG療法患者数が2,000人を超えており、国内最多の実積がございます。

当院は発毛、育毛にどこよりも本気で取り組んでいますので、患者様と向き合い、妥協の無い治療で結果に結びつけます。

HARG開発者インタビュー人気記事

薄毛治療の第一人者が語る、毛髪再生医療の最前線。

再生医療・薄毛治療 開発ブログ

HARG治療センター ページ一覧

新宿駅徒歩1分
住所 新宿区西新宿1-4-10
満来ビル4F 桜花クリニック
アクセス
方法
JR新宿駅西口より徒歩1分。
小田急ハルク(ビックカメラ)の建物裏の通り、新宿西ビルディングのとなりです
診療時間
電話受付
月~木:10:30 ~19:00
金~日:10:30 ~19:30
※不定休/完全予約制
MAP
クリニックからのお知らせ
2017年8月の休診日
1日(火)、9日(水)、12日(土)、13日(日)、15日(火)、17日(木)、23日(水)、31日(木)
HARG治療センター