日本美容外科学会での発表


 

10月7日、8日に行われた京都の日本美容外科学会にて粉砕濃縮脂肪ホモゲナイズCRF(マイクロCRF)の発表を致しました。

約12分で話をまとめなければならないので非常に難しく内容の焦点がぼやけてしまいました。内容全体が新しいのに加えさらにはそれにまつわる最先端の研究スライドまで挿入したため初めて聞かれる先生方にとってはわかりづらい内容となっていました。

Y大教授の先生からは話を聞かせて欲しい、と言われ、またC大教授や各先生方から、頑張ってやってくれ、と言われました。話を理解して頂いてほっとしております。重鎮のK先生から「発表が荒い」といわれましたがその言葉を真摯に受け止めております。会場で審査委員として来られたB教授にお会いしました。

濃縮脂肪(CRF)でさえも新しい概念であり、脂肪幹細胞をも付加するという発想自体が新しく更にその細胞たちを粉々にするという今までの常識では考えられない新しい技術であるためにたった12分の発表では理解するのが難しいと感じました。今後患者さん、皆さんのために分かりやすい表現でホームページに載せようかと考えております。多くの素敵な女性の誕生を願って止みません。