ゴルゴ線の治療、ヒアルロン酸注入技術


今日ヒアルロン酸の取材をうけました。ある会社の男性の協力を得て行いました。

その男性の気にしていることは(老けてみられる)事です。
よく観察すると、ほほ、目元からほほのほうにかけてえぐれるように見える事だと気づきました。

いわゆるゴルゴ線です。
0.9ミリのカニューレを用いてヒアルロン酸を注入する技術です。

この技術は前回、7月X日クリニックで行ったワークショップの際に参加された先生方にお見せした技術です。
今回もその手法を用いてたった1カ所の針刺しで行いました。
その方は当日その後仕事に行きました。

午後は隣の横浜ベイシェラトンで開催されている日本美容外科学会に参加しました。
5分間の発表でHARG療法を説明しなければならなかったので、スライドの選択や発表内容の選択が非常に難しく、15回のリハーサルをしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です