日本形成外科学会総会『診療所でもできる再生医療』の発表をしました


4月2日から4日間、新宿の京王プラザで日本形成外科学会総会が行われています。この日は約1時間のセミナーで『診療所でもできる再生医療』についての発表です。
司会の波利井教授と簡単な打ち合わせのもと約45分のスピーチに臨みます。

1.濃縮脂肪(CRF)によるリポリフティングと肌の若返り
2.これを片面に行い、その時吸引した脂肪を保存しておき、数ヶ月後(2~6ヶ月後)保存していた脂肪を注入し、比較検討(その変化の比較検討) ※これを論文化しております
3.その脂肪組織の中にある脂肪由来幹細胞から分泌された蛋白を用いた毛髪再生についての発表。ここでのポイントは、我々がもしかしたらより簡単に出来るであろう、再生医療の未来像です。

教授から「少しは話しが洗練されてきた」と言われました。また「研究結果が実を結び始めている」という評価をうけました。これもひとえに患者さんのお陰であると感謝しています。 この日一緒に働き研究している先生方と今後の研究及び診療への取り組みを討議しました。