海外にHARG治療を広めるために


8月24日に一部差し替えをして入稿した論文が、12月に出版されるという返事が来ました。
世界の先生方にHARG治療の良さが伝われば良いと思います。

12月までには6ヶ月間の臨床結果をもとに、更なる臨床結果の証明と治療の優位性を論文化していきたいと思います。

この実現に向かって必要なことは、年末年始に“集計の整理整頓”を行うということです。ここ数年の年末年始の休みは、臨床結果データの整理整頓、及び論文の執筆に費やされるということになるのです。