シンガポールの学会での発表表題


S先生とシンガポールの発表題材について検討しました。
その中でPRPの発表を加えるか検討した結果、やはり発表が難しいという結論になりました。
PRP数値化はなかなか難しいです。現在6月のオペ(デモ)PRPを組んで行うか検討しておりますがどうやらインドネシアの先生方の多くもPRPを使用している状況にあり、発表の内容から考えてもやはり幹細胞系が良いと考えております。