PDGF毛髪再生医療について東京大学形成外科の二人の先生と研究を進めます


ベネズエラの先生からどの用に幹細胞を用いて毛髪再生するという質問を知り合いの韓国人のピーターを通じてありました。これらの可能性につては5月のイスタンブールで発表しています。

世界中の医師達がこの幹細胞を用いたHARG治療に注目しており実際先日イエール大学での研究を踏まえてPDGF毛髪再生医療についての臨床研究を東京大学形成外科の二人の先生と進めていく事になりました。

この先生は約1年半前に私の所にHARG治療をご自身のお休みの日に見学に来て幹細胞の可能性やサイトカインの可能性について討議しています。彼は血液の中からどの様に高濃度のPDGFを精製するかについて論文を入稿し現在入稿しています。

今後は治療結果をより確実なものにするためサイトカインの研究を複数の大学の先生方と共に研究して参りたいと思います。