メール相談   オンライン予約 
24時間受付けています

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

頭皮に注射を打った後は、頭が腫れたり、かゆくなったりすると聞いたことがあるのですが本当にそうなるのでしょうか?注射を打った後どのような感じになるのか教えてください。

院長福岡

従来のHARG療法(ハーグ療法)でのカクテル注入方法は、個人差はありますが注入直後から数日間、注入部分が赤く火照った感じになり、軽い鈍痛 や違和感、かゆみを感じる場合がありました。
しかし、当院で行っているハーグ療法を行う際に用いる注入方法は、痛みを軽減させる改良を加えた治療となっています。

当院で行っている注入方法としてパピュール法というものがあります。パピュール法は、表皮と真皮の間にHARG(ハーグ)カクテルを注入し有効成分を浸透させるため最も効果が出やすく、確実性が高いというメリットがあります。
従来のパピュール法では、多少痛みを伴うため抵抗のある方もいらっしゃいましたが、改良により痛みが軽減されました。

もう一つの方法として、ナバージュ法というものがあります。この治療方法は、頭皮の表皮に浅く細かく注射し、そこから薬剤を浸透させ皮下組織にHARGカクテルを届ける方法です。
頭皮に深く注射しないため、パピュール法に比べると効果が出るのが遅くなりますが、効果の持続性が高く、痛みがほとんどないというメリットがあります。

注射を用いた治療方法としては、主に上記の2つになります。その他にもレーザーを使用した痛みがほとんどない治療も行っていますが、痛みの感じ方には個人差があり、痛みが気になる方がいらっしゃいました。
そこで、当院ではほとんど痛みがなく、高い効果を兼ね備えたエレクトロポレーションという治療を行っています。
エレクトロポレーションは、細胞膜に電気で穴を開け、HARGカクテルを直接導入する方法です。
皮膚の表層には化学物質に対するバリア機能を果たしている角質層があります。注射などでは角質層の奥に直接に注入しており、頭は皮膚が硬いために痛みを感じる場合がありました。
しかし、エレクトロポレーションは、角質層の細胞膜に特殊な電流を通すことにより、細胞膜に微小な穴が空き隙間ができることで、HARGカクテルを浸透しやすくする無痛治療法です。

HARG療法(ハーグ療法)にはHARGカクテルを頭皮に浸透させる方法はいくつかあります。 大切なことは患者さまお一人お一人の症状・原因に合った治療を行い、患者さまご自身が効果に納得できる治療を行うことです。いつでもお気軽にご相談ください。

治療方法の詳細はこちら

HARG療法の痛みと症状の他のご質問

カテゴリーから探す

ご予約・お問い合わせ
はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-52-6376

受付:10:30 - 19:00 完全予約制

※未成年の方は、診察を受けられる際に親権者・保護者様のご同伴をお願いしております。