お問い合わせ   診療予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

Q&A よくあるご質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆さまからいただいたご質問や発毛・育毛などの疑問にお答えします。
HARG療法についてのご不明な点や疑問、その他薄毛や抜け毛のお悩みなどメールでのご質問やお問い合わせを承っております。

プロペシアなどAGAの治療薬は飲み続ける必要がありますが、HARG療法はコース終了後も治療を続ける必要がありますか?

院長福岡

当院のHARG療法ではコース終了後も、毛髪再生効果が継続している患者さまが多くいらっしゃいます。

HARG療法は、髪の毛が生えてくるように再生させる治療であり、薄毛へのアプローチ方法がプロペシアとは異なります。プロペシアは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)をテストステロンと結びつくことで生成する5α-リダクターゼを阻害します。そして、DHTの生成を抑えることで脱毛抑制の効果を得られるのです。しかし、服用をやめると効果もなくなってしまうという特徴もあります。

それに対し、HARG療法は、プロペシアと同様に脱毛抑制の治療も行いますが、発毛・育毛を促すことが主な治療になります。AAPEという脂肪由来幹細胞から抽出したタンパクの頭皮への注入によって、成長因子が髪の毛をつくるように働きかけるだけでなく、毛包の幹細胞を刺激することで、身体に元からある髪の毛をつくる力を強くします。そのため、治療を終えた後に、成長因子を注入せずとも、毛髪再生効果が持続するのです。

しかしながら、老化という問題を解決できる治療ではありません。時間の経過ともにどんな方でも頭皮が自然と老化し、髪の毛をつくる力が弱くなっていきます。そのため、いずれは毛髪再生効果も実感できなくなるようになります。しかし、治療が終了からといって一度に髪の毛が抜け始めることはありません。

老化を除けば、当院の患者さまはHARG療法の効果が治療終了後も上述したように継続しています。

HARG療法の特徴、他の治療との違いの他のご質問

カテゴリーから探す

ご予約・お問い合わせ
はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-52-6376

受付:10:30 - 19:00 完全予約制

※未成年の方の診察および治療は受け付けておりません。
あらかじめご了承ください