メール相談   オンライン予約 
24時間受付けています

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

選択肢の増えた女性AGA(FAGA)への治療

従来の薄毛治療は、女性に副作用が出てしまいます。

従来の薄毛治療(aga治療)に用いられる方法は、主にプロペシアやミノキシジルといった内服薬を用いるものとなっていますが、実はこれらの内服薬には、女性が使用する場合には十分に気を付けなければならない副作用が存在します。

プロペシアを女性が服用した場合に対する副作用

男性の薄毛(aga)治療薬として使われているプロペシアは、主成分であるフィナステリドが毛髪の成長を阻止するジヒドロエステロン(男性ホルモンの一種)の発生を抑制し、発毛、育毛効果があることが判明したため、agaの治療に役立てられてきました。 しかし、フィナステリドはもともと前立腺肥大症に対する薬として開発されていたため、副作用として女性が服用すると胎児(特に男の子)に異常をきたす可能性があるため女性の服用は禁止されています。

ミノキシジルの副作用

フィナステリドと異なりミノキシジルについては女性でも使える内服薬とされていますが、ミノキシジルは元々高血圧の方の血圧降下剤として開発されたもので、フィナステリド同様に開発課程で発毛効果が発見されたことから、発毛剤として研究、開発されたという経緯があります。

しかし、ミノキシジルの血管拡張作用によって全身の血流が促進させられることから、体毛が濃くなる、多毛症、頭皮が痒くなる等の副作用があるため、ある程度元々の体毛が濃い男性であれば大きな影響はないのですが、女性の場合はこの副作用を気にされる方も多いようです。

また、フィナステリド、ミノキシジル共に使用している間は脱毛を一時的に止めることができるのですが、使用を止めると再度脱毛が進行してしまうため、根本的な治療にはならず、薬の服用を続けなければいけないという点がデメリットとしてあります。

副作用のない女性aga治療薬

女性に副作用のない薄毛治療『HARG療法』

女性の薄毛は男性のagaに比べて治療法自体が少ない上に、リスク(副作用、身体的負担)を伴うことが多いため、仕方なくかつら(ウィッグ)を使用する方も多いようです。そんな女性たちの悩みに答えられるのがHARG療法。この治療法は、効果が出始めるまでに治療回数と時間がかかりますが、幹細胞から抽出された、発毛するために必要な栄養分を効率的に頭皮下に届ける事で、発毛してから抜けない髪にすることを実現できる発毛治療です。

HARG療法はプロペシアやミノキシジルのように副作用がなく、アレルギー等の問題もないので女性に安心して治療を受けていただけます。また、外科手術となる植毛治療のような身体的な負担もかからない治療という点もHARG治療の魅力です。

当院はHARG療法開発者の運営するクリニックとして、施術の技術や信頼性、ノウハウを他院が追随できない水準まで高めています。

もちろん通常のHARG療法でも十分に高い効果がありますが、開発者自ら調合するハーグカクテルは治療を受ける方一人一人に最適なオリジナル処方で、この療法を知り尽くした当院でしか実現できません。

その結果、当クリニックには、患者様から多くの喜びの声が寄せられています。

HARG開発者の福岡医師

ご予約・お問い合わせ
はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-52-6376

受付:10:30 - 19:00 完全予約制

※未成年の方は、診察を受けられる際に親権者・保護者様のご同伴をお願いしております。