Home > アーカイブ >

私が患者さんにお話ししているHARG療法3つの効果

 

講談社の記者と10時に会いました。週末に発行する週刊現代への記事です。

取材の内容は「何が今までの治療と違うのか」という質問です。これは多くの患者さんからの質問でもあります。ここで患者さんにお話ししている内容を少しお話したいと思います。

毛には毛周期があって、毛根部から生え伸びて抜ける、これをおよそ3年~7年で経過しております。男の人の前頭部、頭頂部ではおよそ3年程度と言われております。そして2ヶ月~4ヶ月程度の休止期を経て再び毛が生えてくるわけです。

皆さんが良く聞く毛根部に男性ホルモンが(女性でも男性ホルモンはあります。)が作用しますと最終的には毛根部に対してアポトシス(細胞死)の命令となり毛が休止期を待たず抜けてしまうわけです。ここで同じ毛根部から毛の出る回数はおよそ20回から30回程度と言われています。もし毛が生えてから半年で抜けてしまい20回しか生えないとしたら約10年~15年位で毛根部がしんでしまうのです。そうすると街でよく見かけるおじいさんの頭になってしまうのです。

では私達はどんな治療をしているのかというと、1つは毛が育つようにする育毛治療、1つは再生医療(発毛と成長)、1つは抜け毛予防の3つに分けられます。一番の特徴はもちろん再生医療にあります。
ではいわゆる育毛治療でどんな事があるかといいますと、仮に植物の例えで説明します。みなさんは植物を育てる時、お花に水をやり肥料を与えるでしょう。更に日光に当て成長していきます。それと同様に血液(血行改善)が必要ですし、害虫駆除(抜け毛防止)が必要になります。育毛治療では「血行改善」が大切で、これは何かというと微小循環(目に見えない血液の流れ)です。例えば毛を抜いた時に血は出ません。出るほどの血液循環はないのです。がしかし、その血液循環が重要なのわけです。この微小循環が毛母細胞や脳細胞には特に重要です。

脳細胞は白く見えます。がしかし血流が悪いと脳梗塞、痴呆の原因になるわけです。脳も微小循環に頼っているわけです。今米国では痴呆防止にこの微小循環改善のハーブを処方しております。

さて、本題に戻ります。次に抜け毛防止です。 萬有製薬で発売しているプロペシア。皆さんが広告でAGAは病院へ行こうと見ているものです。これは毛根部において男性ホルモンによるDHT生成をブロックする事により毛のアポトシスが防げるわけです。皆さんが良く聞く毛根部に男性ホルモンが(女性でも男性ホルモンはあります。)が作用しますと、毛根部でDヒステロン(DHT)となりそれが細胞膜上で別の蛋白となり更に細胞質内で別の蛋白に変わっていき最終的には毛根部に対してアポトシス(細胞死)の命令となり毛が休止期を待たず抜けてしまうわけです。

この薬の感受性(薬の効果が出るか出ないか)を遺伝的に調べる事も可能です。女性ではプロペシアの内服が出来ません。どうしましょう。毎日男性ホルモンは毛根部に流れてきます。実はその予防のためにHGケアシリーズのHGローション、HGシャンプー、HGコンディショナーを開発したのです。

先にも書きましたが、このHGハーグケアシリーズは開発から約1年の歳中を経て最終的に厚労省から医薬部外品の許可を受けたものです。

 

週刊現代のHARG記事の取材を受けました

 

先日、新宿HARG治療センターに週刊現代の記者がカメラマンと共にやってきました。本日(9月18日)に発刊されるものです。

内藤投手の対談を初め、当院の患者さんである2名の患者に記者の方が電話で取材をしていました。
一人の患者さんは台湾に在住で日本に帰国の際に当院でHARG治療を受けています。
もう一方の患者さんは47歳でもうすでに3年に渡りHARG治療を受け、現在はメンテナンス治療を行っています。

お二人はHARG治療の効果や各々のことについて取材を受けられたとの事です。

 

若いイメージと肌をつくるヒアルロン酸注入の説明

 

オーストラリアの医師ジョン ロジャース(Jhon Rogers)が、ヒアルロン酸の注入の仕方を学びに当院を訪れました。

六本木の××先生も一緒に来られ見学をしておりました。

私は新しいヒアルロン酸Voluma(ボリューマ)の注入についての細かい技術説明をスライドで約1時間説明し、実際の患者さんへの注入を披露しながら説明致しました。
その技術は10月7,8日京都で行われる美容外科学科でも発表します。

今までのヒアルロン酸注入とは大きく異なり簡単に「若いイメージと肌」を得ることが出来ます。

技術の1つは頬の中央外側から中央に向けていわゆるゴルゴ線の改善です。もう1つは鼻の下、上唇の上から鼻唇溝の改善と鼻柱へのヒアルロン酸の注入の仕方です。
1つめの方法、ゴルゴ線の改善は加齢と共に容量を失ったFat Padにその脂肪の代わりにヒアルロン酸を足すことによって鼻唇溝が上方に引かれ鼻唇溝の深さとゴルゴ線の改善が改善するというものであります。
この方法は当院では120例を超えクレーム率0%という高い満足度を得ています。

2つめの方法は鼻唇溝の溝やお鼻の形を気にしている方に非常に満足度が高い手技です。多くの希望を持っている方に有効な方法です。例えば、鼻をスッと見せたい、鼻先を尖らせたい、細く見せたい、高く見せたいといった方にとって良い技術だと思います。
当院でも限られた予算で多くを望まれている患者さんにこの技術を使用しております。この技術を見てジョンはGreatと外人みたいなことを言っておりました。

2つの技術とも実は濃縮脂肪(CRF)や濃縮粉砕脂肪(マイクロCRF)に準ずる技術です。特に1つめのゴルゴ線の改善は多くの先生方に行ってもらいたいと思います。さらにこれらの変化(ヒアルロン酸や濃縮脂肪の注入による変化)を確実に確認するために当院では3Dの解析装置を導入し、改善度合いを解析しております。
これにより、より良い改善を得られれば嬉しいと思います。

 

エンドプラストとシリコンインプラントの検証

 

エンドプラストの追実験と新しく考えているシリコンインプラントの検証するためD教授の元を訪れました。
そこで実験用マウスにシリコンをインプラントし、それらを3時間後6時間後24時間後とそれぞれ摘出を行い病理検査を行うことになりました。

あいにく教授は多忙にて今回のリバイス入稿の原稿について討議する時間はありませんでしたが、今後エンドプラストやシリコンインプラントの検証をしていく事になりました。

教授先生方は大変忙しく時間を合わせてお話が出来ないことが多くありますが、先生方の学問に対する熱意に大きく感謝をしております。ひいては患者さんにフィードバックされる様医学者として邁進していきたいと思います。

 

これからはリラックスできるHARG治療法

 

リバイスの構成の論文(英文)の査読をB教授にお願いにあがりました。教授は約2週間の海外出張となるため非常にスケジュールが慌ただしくその合間を縫って約3日間で査読を行ってくれるとの事でした。
英語でしかも、インパクトファクターの高い雑誌に論文を入稿することは大変だとつくづく感じております。
B教授からのコメントから更に良いものをつくり入稿していきたいと思っております。

すでに雑誌形成外科、基礎医学から発展した美容医療の特集で脂肪由来幹細胞を用いた再生医療の再校も終了し、来月の出版を待つだけになりました。
これにより多くの先生方に医学的にみたハーグ(HARG)治療をより良く理解して頂けるものと信じております。

ただ論文に書かれた手法は現在では患者さん本意の「痛みの少ない」かつ「リラックスできる治療法」となってきております。
実際の治療法は論文とは多少異なるかと思われます。新しい手法に関しては常に進化しておりますので患者さん方々には当方で持てる全てを駆使した治療を行って行きたいと感じております。

 

髪は顔よりものを言う

 

「髪は顔よりものを言う。」(婦人画報 題材より)やはり女性にとって髪型というのは非常に重要な事です。

10代から20代の頃は多くの人が髪の毛の質や量についてあまり考えませんが、30代以降の女性の悩みの多くとしてあります。
若い方の傾向は、くっきりした二重まぶたや高い鼻など部分的な要因に美を求めますが、年を重ねる毎に全体の美をイメージとして捕らえるようになります。

私達のクリニックでもフェイスリフトやブローリフトといった大きい手術から目の周りのたるみ取りといった手術まであります。
今一番多い手術項目は全体のイメージで若返るという事です。具体的には髪の質や量、又あごからの輪郭ライン、いわゆるたるみを感じる部分の改善や、濃縮脂肪(CRF)や粉砕濃縮脂肪(HCRF)を用いた加齢と共に減ってしまった部分を補って若返るというものです。

このように次第に年というものを感じさせるのは髪も同じですから、その中で女性の髪というのは重要であります。今回の特集のように「顔よりもものを言う」という言葉は同感できます。

雑誌記事には様々なヘアケアが紹介されている中、唯一再生医療として紹介されました。この記事には十分な責任を感じております。治療の現場だけでなくホームケアも通じてより良い治療を目指して参りたいと思います。

 

Home > アーカイブ >

院長が教えるやさしい薄毛入門 診察 女性のためのHARG よくある質問 院内紹介 開発者インタビュー Dr.福岡のHARG療法開発日記

Return to page top