Home > アーカイブ >

脂肪幹細胞注入法で二重から一重への施術

 

同僚の美容外科の先生から他の所で糸留め二重を受けた後、切開二重の手術を受けた二重を一重に戻すご要望をうけました。
診察し、9月を目処に二重を一重に戻す手術を行う事になりました。

ここでは当然、CRF(脂肪幹細胞注入)やマイクロCRF(粉砕濃縮脂肪)の技術を用いる二重の切開法で行います。

 

トルコ、イスタンブールへの講演依頼を頂きました

 

CRF(濃縮脂肪)及びマイクロCRF(粉砕濃縮脂肪)脂肪幹細胞臨床応用についてトルコ、イスタンブールへの招待講演のお願いがありました。

9月下旬はすでに患者さんの予約が一杯なのと10月は京都での美容外科学会、韓国での美容外科学会もあり調整が難航しております。

2月未満の予定の調整は難しいと感じました。

 

ドイツの方から治療依頼を頂きました

 

ドイツから治療を受けたいと、ドイツの弁護士をされている方からメールをもらいました。

以前、3月にもメールを頂いてからやりとりをしていましたが、どうしても治療が受けたいとの事。

イタリアの形成外科医や、ドイツの形成外科医を紹介しましたが、最先端のより良い治療が受けたいと今年、10月を目処に来院される予定です。

 

新垣先生との協同研究について森教授とHARGについて語りました

 

沖縄の新垣先生が主催したトランスファクターのセミナーに参加させていただきました。
免疫についてさらに知識を深め、先生と協力して毛髪医療を研究することになりました。

そこで、栄光学園の先輩でもある森教授と会い、久しぶりにHARG療法について語りました。
森教授は今では赤坂でアンチエイジング(赤坂AAクリニック)を開いております。

 

納涼会をしました

 

この日は医師会の納涼会がありました。

HARG治療のモニターをされている宮崎さんにお会いしました。

先生方の話題の中心にHARG治療がありました。
やはり諸先生達も毛髪の悩みがあると知りました。
毎月いつと決まった日に治療をしています。

10月の京都の美容外科学会の会長である亀井先生より「粉砕濃縮脂肪による若返りが口唇及び口唇周囲のシンポジウムに採択された」との連絡を直接頂きました。
分かりやすい症例を集めて発表したいと思います。

 

Home > アーカイブ >

院長が教えるやさしい薄毛入門 診察 女性のためのHARG よくある質問 院内紹介 開発者インタビュー Dr.福岡のHARG療法開発日記

Return to page top