Home > 学会・論文

学会・論文 Archive

脂肪精製機(Condense fat) について質問をいただきました

主任教授より大学病院、セルポートクリニック、及び当院で使っている濃縮脂肪精製機(Condense fat) について質問がありました。

濃縮脂肪の精製の仕方によって脂肪注入後の脂肪の生着率が変わってきます。
勿論手技が重要ですが、脂肪移植といっても濃縮の仕方や精製の仕方によってその生着率も変わります。
一概にコンデンスファットといってもその効果は異なって参ります。これらの差を無くすため機器の選定は非常に重要です。

同様に脂肪幹細胞タンパクにおいてもその精製抽出過程が非常に重要になります。
同じ名称がついているものでも構成成分の内容によって臨床効果も大きく異なります。
今私たちは新しく開発されたというタンパクのテストを依頼されておりますが、これらのものは今のところFDAの審査は通っておりません。
従ってこのものを患者さんに使用できるかどうかは未知数です。


別件ですが、International Journal of Molecular Sciencesから査読依頼がきました。
またもや再生医療の内容です。Cellular & Molecular Biology Letters から査読依頼と類似していますが別物です。


幹細胞由来タンパクの治療は次のステージに来たのかと感じます。
我々も科学者の新たな研究と共に、自分たちの研究をこつこつと積み重ねてゆきたいと思います。

リオデジャネイロのワークショップへの参加依頼

8年ぶりにブラジル、サンパウロのフェルナンド先生からリオデジャネイロのワークショップへの参加の依頼がきました。

サンパウロへ出張に行った時に2泊宿をお世話になっております。
すっかりご無沙汰していましたから、ワークショップに参加したいのですが、何せ地球の裏側なので充分な時間的余裕を持たなければならず、今回は丁重にお断りさせていただきました。

2007年に学会招聘講演のお話を受けて以来、サンパウロに赴いて以来ブラジルからは遠のいております。
将来的には多分相当経ってからでしょうが、見聞を広めるつもりで諸先生方に再会したいと思います。

投稿中論文への査読コメントが来ました

Stem cell research and therapyに入稿した論文に対して査読の先生からコメントが戻ってきました。

指摘されたコメントに対し、論文を再校正しました。
新たに植毛後の症例を加えました。

また、ロシアのジャーナルから入稿依頼もきました。
内容は脂肪幹細胞、またそのタンパクを用いた研究が新たに進んでいるかどうか。
また進んでいるようであれば論文を入稿してほしいとの内容です。

Cellular & Molecular Biology Letters から査読依頼がきました。
いずれも再生医療に関するものです。多くの科学者が幹細胞由来タンパクに興味を抱いております。

済州島学会発表当日です

朝一番にスライドのチェックをするためPCセンターを訪れたとき、渡辺教授と一緒になりました。

先日の特別講演からわずか2週間、今度は韓国済州島で朝から発表の準備を行っていました。
ソウル大学のSoyun Choチョソヨン教授と打ち合わせした後、私と朴先生の発表が行われました。
大勢の教授陣のなか無事発表が終わりました。

さすが教授陣、質問も鋭く、様々な角度から考えられていることがうかがえました。
諸先生方もまだ経験の少ないものなので、非常に興味をもってくださいました。

台風の中での済州島フライト

済州島での学会発表のため成田から韓国入りしました。

台風で飛行機の運航が危ぶまれましたが、無事にフライト出来、安心しました。
約2時間に渡って共同演者である朴先生と各々のプレゼンテーションを細部にわたり確認し合いました。講演内容とダブりなどのチェックです。
話はさらに発展し、患者さんにおける再生医療の治療法や現状双方が行っている工夫等を話し合い診療に役立てて行くという話し合いになりました。

今年の日本美容外科学会では

今日は日本美容外科学会です。

今回の会長は征矢野先生で、特別講演は征矢野先生の同級生である帝京大の渡辺教授です。
渡辺先生はレーザー研究の草分けで、この日もレーザー治療についての教科書に書いていない重要なポイントを講演していました。

この学会に参加するために韓国の李先生が来日しました。
せっかくの来日なので今後の診療所における幹細胞治療について討議させてもらいました。
新しい再生医療法案の施行が11月末に控えているため、日本ではどのような状況になり、どの程度の治療までできるのかがはっきりしません。

いずれにせよ今後は注入する幹細胞の生存率及び活性を見た上で使用することになると思われます。
その上でどのような反応があるかを確認していかなければなりません。
どこまで正確に出来るかが治療効果の予測に重要になってきます。

インドネシア幹細胞研究所からの申し出

インドネシアの病院の幹細胞研究所(WHO Standard Stem Cell Laboratory) から今後の毛髪再生の研究及び治療について、お話及び講演してもらえないかという依頼がありました。

この病院では脂肪由来幹細胞だけでなく臍帯を用いた再生医療を行うとのことです。
ただし、9月に済州島3rd Eastern Asia Dermatology Congress (EADC 2014)
11月に海南島Haikou, China で講演があるのですぐには行けないと連絡を入れました。

別件ですが、Muscle Stem Cells: Towards Regenerative Medicine”についての論文投稿のため、
Stem Cells Internationalから入稿依頼を受けました。
しかし、私たちの研究は筋肉への幹細胞治療の応用ではありませんのでお断りいたしました。

原稿執筆と学会参加の目的

Invite review (Current Stem Cell Research and Therapy)からの依頼原稿の最終チェックをして入稿しました。
他のReview と調和をEditorがとりReviseが8月末に戻ってくる予定です。

また、ヨーロッパのInternational Society for Regenerative Medicine and Surgery (ISRMS) から International scientific Board に加わってくれないかと依頼がきました。

診療、研究、論文執筆、診療指導があり大変忙しい日々ですが、全ての目的は患者様への治療に生かすこと、より多くの医師にHARGによる薄毛治療を理解していただくことです。
是非欧州の医師たちにこのHargenon治療法を知ってもらいたいと思います。

スケジュールは治療重視

日々、多忙なスケジュールを送っています。

Stem Cell International “Application of Adult Stem Cell in Medicine” から依頼原稿がありました。
また、8th Annual World congress of Regenerative Medicine and Stem Cell-Korea 2015から来年の発表依頼がきました。
更には11月におこなわれるアライアンスフォーラムの出席依頼がありました。
あいにく11月は海南島 (Haikou) での講演があるため参加できず残念です。

来年は前もって予定を組み、参加したいと思います。
すべての投稿依頼、学会講演依頼、出席依頼を受けるわけには参りません。

やはり患者さんへの治療重視の中、研究と社会貢献とおこなっていきたいとしみじみ感じております。

ハーゲノン治療の発表原稿打ち合わせ

中国海南島(Haikou)でおこなわれる学会に抄録の提出及びInvite review (Current Stem Cell Research and Therapy) の入稿原稿について主任教授と打ち合わせをしました。

教授には非常に蒸し暑い休日を返上していただき感謝しております。
この日の打ち合わせは抄録入稿原稿及び今後の研究方針またハーゲノンの治療に携わってくれている診療及び研究分担について討議しました。

教授には非常に長時間にわたり時間を割いていただきました。
この時間を今後の治療に生かせたらと思います。

ホーム > 学会・論文

院長が教えるやさしい薄毛入門 診察 女性のためのHARG よくある質問 院内紹介 開発者インタビュー Dr.福岡のHARG療法開発日記

Return to page top