メール相談   ドクター相談予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

AGAの治療 薬剤による治療

長い間、日本ではAGAは遺伝的、人種的な違いによって生じる生理的な変化だと捉えられてきました。言い替えれば「仕方ないもの」とされてきたため、症状を持つ方の切実な思いとは裏腹に、AGAを“治療する”という考え方がなかなか浸透してこなかったのです。 それでも、改善策として医薬品、医薬部外品問わず、さまざまな育毛剤が開発されてきました。その多くは、①毛包の周辺環境を整えて頭皮を清潔に保つための成分 ②毛包周辺の血行を促進し、毛包への栄養補給を促す成分 を組み合わせて、毛髪の成長を助ける製品となっています。

近年では、AGAの原因が解明されるとともに、新たな治療法や治療薬が確立されてきています。ここでは、これまでとは違うアプローチの薬剤「プロペシア®」と、従来の育毛剤の成分として広く知られる「ミノキシジル」という、AGAの薬剤治療の主流となっている2つについて紹介します。

プロペシア

脱毛抑制を可能にした「飲む育毛剤」

開発の経緯
"治療"という考えをもたらした新しい薬剤

プロペシア®の主成分はフィナステリドという合成成分です。フィナステリドは、1983年に米国メルク社が5α-リダクターゼ阻害薬として合成したもので、もともとは前立腺肥大症の治療薬としてFDA(米国食品医薬品局)に認可されました。

その後、AGA治療にも効果があることが分かり、1997年に同治療薬としてFDAの認可を受け、1998年から米国で使用を開始。現在では世界60ヵ国以上で販売されています。

日本では、2005年に厚生労働省によってAGA治療薬として認可され、万有製薬よりプロペシア®が販売されるようになりました。錠剤タイプであることから、これまでの「頭皮につけるタイプ」の治療薬に対し、「飲む育毛剤」と呼ばれています。いわゆる市販薬ではないため、使用には医師の診断・処方が必要です。

近年、AGAという言葉が急速に普及した背景には、このプロペシア®が承認されたことでAGAを“治療する”という考えが広まってきたことがあるのです。 AGAは、5α-リダクターゼとテストステロンが結びついて、薄毛を誘発する男性ホルモンDHTに変換することで起こります。5α-リダクターゼは遺伝によって分泌量に個人差があらわれ、その量が多ければ、当然、血中のDHT濃度は高くなり、AGAは重症化します。逆に言えば、根本原因となる5α-リダクターゼを抑制できれば、DHT濃度を高めずにすむわけです。

プロペシア®は5α-リダクターゼを抑制する薬剤です。毛細血管の拡張や栄養補給によって毛髪を太く強くするための発毛剤・育毛剤とは異なり、「抜け毛の原因を根本から抑制し、AGAの進行を防ぐ」というアプローチ方法が特徴です。

20〜50代の軽度から中等度の症状の方を対象とした試験では、「1日1mgの服用で半数以上に効果が見られる」という結果が出ています。その効果は、3〜6ヵ月で変化が表れ、その後6〜12ヵ月で最高に達し、以後安定した後、低下するという経緯を辿ります。このように、効果は永久に上がり続けるわけでなく、6〜12ヵ月をピークに低下していきます。また、服用を中止すると3〜6ヵ月で効果がなくなるともいわれています。

5年間の延長試験では、1日1mg服用の場合、1年後の毛髪数が最大となり、その後も維持され、5年後に徐々に低下。しかし、プラセボ群※では脱毛が進行するため、5年後の毛髪数に大きな差が生まれます。

※プラセボ群とは
薬理的効果のない偽薬を投与した群。同試験は、薬効を客観的に調べる二重盲検法(多数の患者に調べたい薬と偽薬とを投与。誰にどちらを与えたかは患者にも医師にも分からないようにして結果を統計学的に判定)を採用。

3.副作用と禁止事項

男性機能の低下、肝機能障害に不安

プロペシア®の副作用として代表的なのが男性機能の低下です。性欲減退、勃起機能不全、射精障害、精液量の減少などの自覚症状が報告されていますが、いずれも軽微で発症率も数%程度です。

なお、頭痛や腹痛、胃の不快感、下痢など消化器系の症状が出ることもありますが、その数値は、男性機能低下よりもさらに低い割合です。

しかし、2007年に販売元である万有製薬が、肝機能に重篤な副作用を起こす可能性があると発表。肝機能に不安のある方は、医師から服用を禁止される場合があります。
また、ごく稀に使用から1ヵ月程度で初期脱毛が起こることもあります。

さらに、女性や未成年の服用は禁止されています。特に妊婦は胎児への影響があるため、服用はもちろん錠剤に手で触れることも禁止されていますので、家族がプロペシア®を使用している場合は細心の注意が必要です。

メリット
  • ・厚生労働省認可薬剤
  • ・内服薬なので比較的扱いが楽
デメリット
  • ・効果が出ないことがある
  • ・6〜12ヵ月で効果が頭打ちになる
  • ・使用を中止するともとの状態に戻ってしまう
  • ・さまざまな副作用の心配がある
  • ・女性は使用できない

ミノキシジル

広く認知されている、頭皮につけるタイプの育毛剤

1.開発の経緯
血圧降下剤の副作用から誕生

ミノキシジルは、もともと悪性高血圧症治療の内服薬として処方される血圧降下剤として開発され、1970年代から米国で使用されてきました。その副作用として全身の多毛症状が見られたことからAGA治療薬としての研究がはじまり、1980年代にファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)が脱毛症治療薬として開発に成功。FDAによって初めて認可された育毛剤となりました。

プロペシア®がAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制して「抜け毛を防ぐ」のに対し、ミノキシジルは「太く強い髪をつくる」薬剤です。海外では複数の製品が販売されていますが、日本では1999年に大正製薬より発売された「リアップ」で広く知られています。

2.作用と効果
血行をよくして発毛を促す

ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけて発毛を促すとされています。詳しいメカニズムは未だ解明されていませんが、もともと血管拡張剤の一種なので、頭皮の血管を広げることで血行を促進し、血流の増加によって頭皮に栄養分を与え、結果、毛母細胞が活性化して発毛につながると考えられています。

また本来の血管拡張作用に加え、毛周期の「休止期」から「成長期」への移行を速める作用、毛母細胞の増殖を促進する作用によって、毛周期を限りなく正常に近づけるとされています。毛髪を太く強くし、伸びが速くなり、長い毛髪が増えるという効果が期待できます。

しかし、それらの効果は頭頂部でのみ発揮され、前頭部では期待できません。また、効果を実感するまでにはおよそ4〜6ヵ月かかり、使用をやめると元の状態に戻ってしまいます。

3.副作用と禁止事項
副作用の心配が高く、女性は扱いにも注意

ミノキシジルの副作用はプロペシア®に比べると発生率が高いとされており、代表的なものは頭皮のかゆみです。アレルギーによって炎症をおこし、発疹やかぶれ、フケなどの原因にもなります。

本来は高血圧治療薬のため、低血圧になることも考えられますので、高血圧症で他の薬を処方されている方や、もともと血圧が低い方は使用に注意が必要です。その他、眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、むくみ、胸の痛みや動悸など、心臓や血管に関係した副作用も報告されています。

ミノキシジルは女性も使用可能ですが、妊娠中や授乳期間は母体や母乳を通して医薬成分が胎児に吸収される恐れがあるので使用を避けたほうがよいでしょう。

メリット
  • ・市販薬なので手軽に入手できる
  • ・女性でも使用できる
デメリット
  • ・頭頂部にしか効果がない
  • ・効果が出ないことがある
  • ・使用を中止するともとの状態に戻ってしまう
  • ・プロペシア®よりも副作用の発生率が高い

<欧米ではプロペシア®とミノキシジルの併用が一般的>

欧米では、AGAの治療にプロペシア®とミノキシジルを併用することが標準的な治療方法として知られており、改善効果がより高まるとされています。これは、プロペシア®の抜け毛を防止効果と、ミノキシジルの発毛促進効果が同時に得られるためで、相乗効果によってAGA症状を改善に導くのです。

HARG治療センター ページ一覧

新宿駅徒歩1分
住所 新宿区西新宿1-4-10
満来ビル4F 桜花クリニック
アクセス
方法
JR新宿駅西口より徒歩1分。
小田急ハルク(ビックカメラ)の建物裏の通り、新宿西ビルディングのとなりです
診療時間
電話受付
月~木:10:30 ~19:00
金~日:10:30 ~19:30
※不定休/完全予約制
MAP
クリニックからのお知らせ
2017年10月の休診日
5日(木)、9日(月)、11日(水)、12日(木)、13日(金)、15日(日)、18日(水)、26日(木)、29日(日)
HARG治療センター