メール相談   ドクター相談予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

AGAの治療 HARG療法

AGAの改善には、「髪を生やす」「生えてきた毛髪をしっかりさせる」「抜けないようにする」という3つのポイントがあります。別項で紹介した「薬剤による治療」や「植毛による治療」にもそれぞれの効果がありますが、全てを行うことはできません。

一方、HARG療法は、3つのポイント全ての効果があるため、AGA改善にも優れた結果を出すことができるのです。
毛髪発生率は99%を誇り、当院での臨床では、ほぼ全ての方において毛髪の再生を確認しています。

HARG療法とは

世界各国で行われている注目の毛髪再生医療

HARG療法とは、Hair(毛髪) Re-generative(再生) theraphy(治療)の頭文字をとったもの。「ハーグ」と読み、その名の通り、毛髪を再生させる医療技術です。

徐々に認知されているものの日本ではまだ馴染みが薄いのですが、高い安全性と効果からインドネシアなどのアジア圏ではよく知られており、欧米をはじめ世界各国で行われている最新の毛髪再生医療なのです。

毛周期の休止期は成長活動を停止している状態であり、細胞が死滅しているわけはないので、毛髪を生やす機能は失われていません。HARG療法は、この休止期になっている部分にHARGカクテルという成長因子を注入し、発毛・育毛を促します。

HARGカクテルとは、メソカクテル(血管拡張薬、ビタミンB、コエンザイムQ10などを含む薬剤)に、AAPE(健康な成人女性から採取した脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された各種の成長因子を含んだタンパク)を加えたもので、その中に含まれる豊富な成長因子が休止期の毛母細胞に働きかけ、細胞の活動を活発化させるのです。

HARG療法の発毛効果

毛母細胞を刺激し、休止期を成長期に

HARG療法の最大の特徴は、幹細胞抽出AAPEによる細胞の活性効果です。

幹細胞とは、さまざまな細胞に変化(分化)することで組織や器官をつくり、成長を促す細胞のことで、その性質から再生医療分野で注目を集めています。

HARG療法においては幹細胞そのものではなく、幹細胞から抽出したAAPEを用います。AAPE内に含まれる豊富な成長因子が毛母細胞を刺激し、細胞分裂を活性化。これにより毛髪は休止期から成長期へと移行していきます。

AAPEは、それ自体に含まれる成長因子の働きのみならず、毛包の幹細胞に働きかけることで、更なる効果を発揮します。AAPEにより活性化された毛包幹細胞は、自らも成長因子を分泌し、毛母細胞に刺激を与え続けます。かつ分化を行うことで毛髪の再生に必要な細胞を供給し、毛髪の生産ラインがフル稼働するのです。

このようにしてHARG療法では99%の発毛率を実現しています。AAPEに含まれる成長因子による効果と、注入によって毛包幹細胞を刺激して生じる効果の2つにより、発毛効果が長く持続するのです。

HARG療法の育毛効果

毛母細胞に栄養を与え、育毛を促進

HARG療法の2つめの効果は、生えた毛髪を太く丈夫に育てるものです。

毛髪は、成長期に毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことにより成長します。この成長を促すには、毛母細胞に栄養が十分に供給されなくてはなりません。

HARG療法で注入されるHARGカクテルは、多数の育毛成分を含み、栄養面から育毛をサポートします。また、AAPEが毛髪に必要な栄養を送り出す部分を刺激することで、毛母細胞への栄養供給が促され、成長期の毛母細胞の活動がさらに活発になり、育毛が促進されます。

また、成長因子のひとつPDGFには毛髪の成長期を保持する効果があり、短くなってしまった成長期を通常に回復させることで、毛髪は十分に成長することができます。

多数の育毛成分
AAPEによる成長をアシスト

ブフロメジル
血管を拡張することで栄養供給ルートを確保
シスチン
毛髪タンパクのケラチンを構成するアミノ酸
ビタミンH
アミノ酸の代謝を助け、毛髪の成長を促進
ビタミンB
細胞分裂を活発にし、皮膚を健康に保つ
その他
ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、グリシン、チロジンなど

HARG療法の脱毛抑制効果

オリジナルローションでDHTを抑制

機能の低下した毛母細胞に直接働きかけて活性化するHARG療法は、細胞さえ生きていれば薄毛の原因にかかわらず、発毛効果が期待できます。しかしAGAの場合、脱毛量とHARG療法による発毛量とのバランスによっては、効果を感じづらいこともあるようです。

そのようなケースに対応するため、発毛・育毛した毛髪を「抜けないようにする」ための対策として、当院ではオリジナルローションを開発しました。 このオリジナルローションは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制するCopperTripeptide-1、脱毛を促すタンパクをブロックするDKK1ブロックタンパクなどの成分を含んでおり、HARG療法と併用することで「脱毛を抑制」し、「発毛」と「育毛」の効果をより高めています。

DHTの発生を抑制するAGA治療薬としてはプロペシア®が有名ですが、副作用の心配や女性が使用できないなどのデメリットがあります。当院のオリジナルローションは、そのような副作用を心配することなく、どなたでも安心してご使用いただけます。

メリット
他の治療法とは違う HARG療法だけの特徴

99%の発毛率

HARG療法の素晴らしさは、なんといっても高い実効性にあります。当院での臨床では、ほぼ全ての方に毛髪の再生が確認できました。

「発毛・育毛」+「抜けない」はHARG療法だけ

AGAの改善には「発毛」「育毛」「脱毛抑制」という3つのポイントがあります。薬剤や植毛はそれぞれ限られた効果しか得られませんが、HARG療法はHARGカクテルとオリジナルローションによって、3つポイント全てに効果を発揮します。

安全性の高い最先端再生医療

HARG療法で利用される成分(成長因子)は、非常に安全性が高く、アレルギー起因物質も含まれません。さらに安全性と効果を十分に保つため、日本国内では、講義を受講し、認定証を発行された医院のみが行っています。

4回目の治療で94.4%の満足度

当院の満足度調査では、治療を重ねるごとに満足度は高まり、4回目には94.4%の方が「満足」と回答。
1回目の治療から発毛するものの、毛髪は少しずつ伸びるため、ほとんどの方は3~4回目で発毛の効果を実感されます。満足度変化はその証といえます。

女性にも効果があります!

AGAは女性にも見られる症状です。プロペシア®などは女性の使用は禁忌とされていますが、HARG療法は男女問わず、その効果が期待できます。

このような方におすすめします

HARG療法は、さまざまな原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、男女問わず、身体的に大きな負担を伴わずに発毛・育毛効果が得られます。軽症の薄毛の改善はもちろん、植毛やカツラに頼るしか術のなかった高度禿髪の方にも、新しい希望を提供できると考えています。

AGA治療では

  • ・プロペシア®が使えない方
  • ・より確実で高い効果を得たい方
  • ・女性の方

AGA以外のうす毛にも

  • ・女性の薄毛(女性型脱毛症)
  • ・若はげ・円形脱毛症(十円ハゲ)
  • ・ストレス、生活習慣による抜け毛、脱毛 など

HARG治療センター ページ一覧

新宿駅徒歩1分
住所 新宿区西新宿1-4-10
満来ビル4F 桜花クリニック
アクセス
方法
JR新宿駅西口より徒歩1分。
小田急ハルク(ビックカメラ)の建物裏の通り、新宿西ビルディングのとなりです
診療時間
電話受付
月~木:10:30 ~19:00
金~日:10:30 ~19:30
※不定休/完全予約制
MAP
クリニックからのお知らせ
2017年6月の休診日
6日(火)、9日(金)、12日(月)、13日(火)、14日(水)、15日(木)、18日(日)、23日(金)、24日(土)、27日(火)、29日(木)
HARG治療センター