メール相談   ドクター相談予約  

 0120-52-6376  受付 10:30 - 19:00

HARG療法が再生医療たる論文データ

海外医学学術オンラインジャーナル「ePlasty」掲載

  • 海外医学学術オンラインジャーナル「ePlasty」に当院の福岡大太朗医師が執筆したHARG療法に関する研究論文「脂肪由来幹細胞からの分泌蛋白による毛髪再生治療:毛髪本数で検証」が掲載されました。

    脂肪由来幹細胞による毛髪再生医療により、
    22人男女の患者全員が毛髪増加。

    脱毛症の22人の患者に合計6回のHARG治療を実施

    脂肪由来幹細胞からの分泌蛋白を脱毛症の22人の患者(11人の男性および11人の女性)の頭皮内に注入。患者は、合計6回の注入を3~5週間おきに行い、 発毛数を治療前後に計測。さらに10人の患者においては、頭の左右を半分に分けて、注入した場合、しない場合を比較する研究を実行(男性8人女性2人)。

    調査結果

    男性(プロペシアの投与なしでも)および女性の患者ともに治療後は毛髪数が増加した。頭の左右を半分に分けて比較する研究においては、注入した側の方が注入をしていない側より遥かに毛髪数が増加した。

論文に掲載された症例

24歳男性患者のTrichoScopeによるイメージ。
治療前。円の毛数は126である。治療後(初期の治療から7ヶ月)。円の毛数は141である。

49歳 男性の症例

49歳男性患者。(A) 治療前。(B) 治療中(初期の治療から4ヶ月)。(C) 治療後(初期の治療の治療から10ヶ月)。(D)フォローアップ(初期治療から2年1ヶ月)。

44歳 女性の症例

44歳女性患者。(A) 治療前。 (B) 治療中(初期の治療から7ヶ月)。(C) フォローアップ(初期の治療から1年10ヶ月)。

『形成外科』(克誠堂出版)第55巻 第10号掲載

  • 皮膚科・形成外科向け学術誌『形成外科』(克誠堂出版)第55巻 第10号に当院の福岡大太朗医師が執筆したHARG療法に関する研究論文「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」が掲載されました。

    【結果】女性は70%の毛髪増量

    2回の治療で平均29%の毛髪増量

    結果として、21人の脱毛症の方を治療し、2回の治療で髪の毛が全員の平均で、29%増加しており、女性に限れば70%増加しています。通常のHARG療法は6回1クールですので、当院で治療を受けられた場合は、さらなる髪の毛の再生が期待できます。

    毛髪再生効果が継続するHARG療法

    HARG療法は、単に数種類の成長因子(グロースファクター)を投与して、髪の毛をつくる細胞を活発にするだけでなく、頭皮の細胞活性をも上げるので、当院の患者さまは投与を終えた後も、効果が落ちずに発毛や毛髪の再生、発毛状態の維持が継続しています。

    それに対し、よくHARG療法と混同されるグロースファクター療法は、数種類の成長因子(グロースファクター)を投与している間のみ毛髪の再生が促進されます。
    言い換えるならば、HARG療法は、グロースファクター療法+細胞活性療法だと言えます。

    また、グロースファクター療法を含む他の治療法では、今回のHARGの論文のように、一定の条件で発毛本数まで比較検討した論文は出されていません。

  • 論文データ

    • 詳しい調査の結果や、治療法など、掲載された内容を要約しています。
      ※福岡大太朗・菅浩隆「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」(『形成外科』第55巻 第10号,克誠堂出版,2012)より引用

    調査結果

    脱毛症の計21人(男性16人、女性5人、年齢27~69歳)に対して、AAPEによる治療を2回施行し、1ヵ月後に治療前後の毛髪本数を計測しました。増加した毛髪本数の平均は31.4本(1㎠あたり)、増加率は29%(1㎠あたり)となりました。また、治療後の本数に、男女差や治療前のプロペシア服用の有無による差は認められませんでした。

2回治療後1ヶ月の毛髪本数

治療前
(本数)
治療後
(本数)
増加(本数) 増加率(%)
全員 109.88 141.28 31.41 29%
男性 117.76 141.42 23.66 20%
女性 82.72 140.85 58.13 70%
プロペシア
服用あり
120.64 146.67 26.03 22%
プロペシア
服用なし
110.72 130.40 19.68 18%

「※」の治療は、モデルケースであり、当院での料金ではありません

  • 66歳 女性の症例

    58歳よりウィッグを被っていた。前頭部の発毛と増毛を認め、生え際の前進が得られた。

  • 考察

    • 女性に多い栄養障害による脱毛症にも育毛効果を期待できる

      HARG療法で使用する育毛メソカクテルは、ブフロメジルやビタミンH、ビタミンB群など多くの成分を含むため、ミノキシジルなどの単独投与に比べ、貧血や低血圧、ダイエットなどによる栄養障害などが原因として多い女性の脱毛症に対しても育毛効果を期待できる。

    • 進行予防・育毛だけでなく、発毛による生え際の前進

      AGAの症例では、フィナステリド(プロペシア)が広く投与されているが、育毛・増毛効果を得るまでには長時間を要し、その効果も進行予防の面では限定的である。既存の治療方法では、毛髪育毛効果と進行予防が主であり、「抜け毛」の減少、毛髪の「太さ、硬さ、こし」の改善により、薄毛を軽減している。しかし、HARG療法では、発毛を導くことによりAGAで顕著な後退した前額部(額)の増毛や中等度以上の頭頂部の脱毛症に対しても増毛効果を得られている。

    • 早い段階での毛髪再生効果を確認

      2回目の治療1ヵ月後(治療開始後約3ヵ月)の評価においても毛髪再生効果を認めることがわかり、早い段階において発毛および毛周期の中の成長期である毛の増加が見られました。また、4回治療後,6回治療後においても毛髪増加が認められている。

  • 治療方法

    HARG療法は、症状の進行予防を行うとともに、頭皮の再生と発毛を促し、継続的に育毛することで、高い効果と満足度を提供しています。また、患者様の症状に合った治療法を組み合わせて治療にあたっています
    今回は、以下の治療法を組み合わせ、治療にあたりました。

    • 1) 発毛・頭皮改善治療;HARGカクテルを用いた発毛メソセラピー

      細胞の活性化に必要な成長因子を含んだAAPEとブフロメジル、ビタミンH、ビタミンB群、コエンザイムQ10など、様々な成分を含んだ育毛メソカクテルを混和させたHARGカクテルを頭皮に浸透させます。 3週間おきに4~8回浸透を繰り返し、その後は、症状に応じて1~2ヵ月に1回ずつ浸透を繰り返します。

      2) 育毛治療;育毛メソカクテルを用いた育毛メソセラピー

      脱毛症の進行予防だけでなく、既存の毛髪の育成効果を期待するためには、育毛メソカクテルを用いた育毛メソセラピーを行います。

      3) 進行予防

      AGAに対してはフィナステリド(プロペシア、万有製薬社製、日本)内服を第一選択として行います。

    ※福岡大太朗・菅浩隆 「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」 (『形成外科』第55巻 第10号, 克誠堂出版, 2012)を要約して作成しています。

    ※画像は、福岡大太朗・菅浩隆 「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」 (『形成外科』第55巻 第10号, 克誠堂出版, 2012)より引用

  • 米国の医学論文誌
    『American Journal of Cosmetic Surgery』に論文掲載

    1985年に設立された米国の医療団体 American Academy of Cosmetic Surgery が発行する医学論文誌『American Journal of Cosmetic Surgery』(Volume 29, Issue 4)に当院の福岡大太朗医師が執筆したHARG療法に関する論文が掲載されました。
    『American Journal of Cosmetic Surgery』http://www.ajcsonline.org/

    論文に掲載された症例

    36歳、男性

    55歳、女性

ドクター福岡によるHARG療法は通算2,000人以上

HARG治療センターは、2009年に開業し、HARG療法による薄毛治療だけを専門に行って参りました。

HARG開発者であるドクター福岡は、個人でのHARG療法患者数が2,000人を超えており、国内最多の実積がございます。

当院は発毛、育毛にどこよりも本気で取り組んでいますので、患者様と向き合い、妥協の無い治療で結果に結びつけます。

HARG開発者インタビュー人気記事

薄毛治療の第一人者が語る、毛髪再生医療の最前線。

再生医療・薄毛治療 開発ブログ

HARG治療センター ページ一覧

新宿駅徒歩1分
住所 新宿区西新宿1-4-10
満来ビル4F 桜花クリニック
アクセス
方法
JR新宿駅西口より徒歩1分。
小田急ハルク(ビックカメラ)の建物裏の通り、新宿西ビルディングのとなりです
診療時間
電話受付
月~木:10:30 ~19:00
金~日:10:30 ~19:30
※不定休/完全予約制
MAP
クリニックからのお知らせ
2017年4月の休診日
1日(土)、5日(水)、12日(水)、13日(木)、14日(金)、16日(日)、23日(日)、27日(木)、28日(金)
HARG治療センター